【鹿島】内田篤人に「あいつ、やるな」と思わせる小泉慶。右SBの熾烈な争いの行方は――

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2019年09月19日

「今日も身体を張っていた。サボらないし、良い選手」(内田)

広州恒大戦で、右SBでフル出場した小泉。内田は「彼からポジションを奪えるように」とメラメラと燃えている。写真:滝川敏之

画像を見る

[ACL準々決勝第2レグ]鹿島1-1広州恒大/9月18日/カシマ
 
 8月中旬の栃木との天皇杯3回戦で、約4か月の負傷離脱からようやく復帰を果たした内田篤人だが、その後は思うように出場機会を得られずにいる。
 
 この経験豊富な31歳が主戦場とする右SBでプレータイムを伸ばしているのが、今夏の新戦力、小泉慶だ。
 
 ACLベスト4進出をかけた広州恒大との準々決勝第2レグでも、小泉は右SBでフル出場。粘り強い守備や機を見た攻め上がりなど、右サイドで攻守にわたり奮闘を見せた。内田に出番はなかった。
 
 こうした現状を、内田はどう受け止めているのか。
 
「出たいよ。出たいけど、それは監督がチョイスする11人だから」
 
 小泉についても、その実力を認めている。ネガティブな感情は一切ない。「慶が出ているからどうこうとか、一回も思ったことはない」ときっぱり。貴重な戦力として頼りにしている。「あいつ、やるなって」と。
 
「本当に頑張る選手。今日も身体を張っていたと思うし、サボらないし、良い選手だよね」
 
 今季、前所属の柏レイソルでは、J2リーグでわずか1試合しか出場していない小泉が、今では国内随一の常勝軍団でスタメンに名を連ね、アジアの舞台で堂々と戦っている。内田も「鹿島のスカウトは、やっぱり“良い目”をしているよね」と称賛する。

 もっとも、内田が現状に甘んじるつもりも一切ない。穏やかな口調で仲間への信頼を語る一方で、当然、メラメラと燃えるものがある。
 
「彼からポジションを奪い返すというかね、奪えるように、練習からやっていくしかない。もう一回、自分も頑張らなければなっていうふうに思う。それはユキ(伊東幸敏)も含めて、俺もそうだから」
 
 内田ほどの実力者に、そう思わせる小泉のさらなる成長はもちろん、背番号2の意地とプライドをかけた“捲土重来”も楽しみだ。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【ACL PHOTO】鹿島 1-1 広州恒大|鹿島ACL連覇ならず。1-1ドローもアウェーゴールの差で広州が浦和との準決勝へ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ