「傑作だ!」「史上最低のジャッジ」チェコで泥酔した副審がタッチライン際を右往左往した挙げ句に…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月25日

SNS上で動画が拡散。批判と嘲笑で大騒ぎに

まさか酔っぱらって登場するとは……。チェコで珍事件が起きた(写真はイメージです)。(C)Getty Images

画像を見る

 目を疑いたくなるハプニングが起こったのは、チェコのユースチーム同士の公式戦でだ。
 
 チェコ全国紙『iROZHLA』が驚きをもって伝えたのが、日曜日に行なわれた全国U-18リーグ、ベルーン対スラニー戦でのひと幕。スタンドの観客が撮影した動画に映し出されているのは、衝撃的な光景だった。
 
 試合開始直後から、やたらとざわつくスタンド。よく見るとゲームの副審を務めるミラン・セファラ氏が、千鳥足でタッチライン際を右往左往している。明らかに飲酒による泥酔状態で、観客やベンチに陣取る控え選手たちもそれに気づき、やんややんやの大騒ぎ。うつ伏せで倒れ込んでなかなか起き上がれないなど、ユースの試合とはいえ、あるまじき大失態だ。
 
 やがて運営側のスタッフがセファラ氏に歩み寄り、交代するように促す。だが本人は、頑として申し出を受け入れない。トマス・ブロゼク主審を呼び出して説得を試みたが、なんと主審は「大丈夫なんだろ?」とサムズアップのポーズを取って、セファラ氏にゴーサインを出す始末。任務を続行させたのである。
 
 その一部始終が収められた動画がSNS上に出回り、批判(ほとんどは嘲笑)が殺到。『iROZHLA』紙によれば、「チェコ・サッカーの恥だ」「二度と担当させるな!」と厳しい意見があれば、「こんな傑作、見たことがない!」「笑わせてもらったからOK」「世界的な有名人になったね」「なにより史上最低のジャッジをしたのは主審だろ」など、さまざまな角度から意見が寄せられている。

 
 事態を重く見た中央ボヘミア州サッカー協会は、「近日中にミラン・セファラの行為に対する懲戒処分を検討する。許されない振る舞いであり、厳しく罰せられるだろう」との声明を発表した。だが。『iROZHLA』紙はそれから3日が経過したが、いまだなんらアクションがないと報じている。
 
 さらに同紙によれば、「3年前の悪夢が蘇った」という。2016年5月、チェコ1部リーグのプルシブラム対スラビア・プラハ戦で、第4審判が同じく酩酊状態で任務に当たった。あろうことか目の前にいた副審の動きを真似て、タッチライン際を行き来する悪ふざけに興じたのだ。このときは第4審判に2年間の職務停止処分が科されたが、はたして今回はどうなるか──。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「美しすぎる!」「まるでK-POPアイドル」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがまさかの制服姿で京都旅行!
「超人的なスーパーセーブ!」「ひとり3役だ」エジプト人GKの“圧巻ダブルセーブ”に世界中が喝采!
「なんてキュートなんだ!」イニエスタの2歳愛娘がパパ顔負けの“華麗なドリブル”を披露!
「スペシャルな才能を見せつけた!」久保建英の“鮮やかな初アシスト”をスペイン全国紙が絶賛!
「みっともない」「アジア人でよかった」ポルト指揮官の中島翔哉への“ぶちギレ”シーンが波紋!会見では厳しい言葉を…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ