Jリーグで勝てない浦和レッズがACLで強いのはなぜ?メンタリティと対戦相手の特徴に違いが…

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェストWeb)

2019年09月18日

ここまで浦和は、実にしぶとく勝ち上がってきた

上海上港との準決勝第2戦は、興梠のゴールで引き分けに。アウェーゴールの差で準決勝と進んだ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[ACL準々決勝・第2戦]浦和1-1上海上港/9月17日/埼玉スタジアム2002

 つくづくサッカーとはメンタルが大きく影響するスポーツだと思う。


 J1リーグで15位に低迷する浦和レッズは、ACL準々決勝で上海上港を下して、準決勝へと駒を進めた。見せつけたのは、勝負強さだ。

 敵地での第1戦を2-2の引き分けで終えた浦和は、ホームでの第2戦を1-1以下の引き分けか勝利で勝ち進めるという、小さなアドバンテージを得ていたが、それでも「難しい試合になるだろうと思っていた」(興梠慎三)。

 案の定、試合は立ち上がりから一進一退の様相を呈し、ヒリヒリと緊迫したムードで進んでいく。

 そんな試合が動いたのは39分だった。関根貴大からのクロスに合わせた興梠のヘディング弾で先制に成功するのだ。

 しかし、その後追加点をなかなか奪えずにいると、60分に隙を突かれて同点ゴールを献上してしまう。終盤にはパワープレーに打って出てきた相手に押し込まれ、何度も決定機を作られた。それでも、粘り強く1-1のまま終え、苦労の末に4強入りを決めたのである。
 
 ただし、浦和の強さが表われていたのは準々決勝だけでない。グループステージも含め、ここまで浦和は、実にしぶとく勝ち上がってきた。
 
 グループステージ突破の残りひと枠を懸けた北京国安との最終節(当時5節を終えて、勝点差7で並んでいた)。スコアレスドローか勝利が突破の条件だったこの大一番で、見事2-0でライバルを蹴散らしてみせた。
 
 さらにラウンド16の蔚山現代戦でも、第1戦のホームゲームを1-2で落とし、敗退ムードが漂うなか、敵地での2戦目を3-0で快勝して、その空気を覆してみせたのだ。
 
 しかし、一方のJ1リーグでは25節終了時点で、8勝7分11敗の15位。直近では7試合連続で勝利から見放され、降格圏すら近づいている状況である。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ