昨季はチームMVP級の活躍も…。ファン・ソッコは守備の要に“復帰”できるか?

カテゴリ:Jリーグ

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2019年09月14日

五輪の銅メダルやリーグ優勝など経験は豊富だ

ファン・ソッコは名古屋戦でジョーを封じ込んだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ26節]清水3-2名古屋/9月13日(金)/アイスタ
 
 清水は先制されながら、西澤健太の2ゴールと河井陽介の今季初ゴールで逆転勝ち。終盤には波状攻撃を受けるもCBのファン・ソッコと二見宏志、GKの大久保択生を中心に耐え、勝点3を獲得した。
 
 ファン・ソッコは「まずはチームが勝てて良かったけど、先制点を与えてしまったことは反省点。2失点目もディフレクションで、崩されて入れられたわけではないんですが、これをどう捉えるかによって今後のチームの成長も変わると思う」と振り返った。
 
 8試合ぶりに先発し、勝利に貢献したファン・ソッコだが、ここ最近は吉本一謙や二見の後塵を拝していた。熾烈なレギュラー争いのなかで、絶対的な存在ではなくなっていることは確かかもしれない。

  とはいえ、この韓国人CBは2012年のロンドン五輪にU-23韓国代表として全試合に出場し、銅メダル獲得に大きく貢献。さらに15年から2年間所属した鹿島などでリーグ優勝を経験。韓国代表でも4試合出場している。
 
 昨季はチームMVP級の活躍を見せ、シーズン終了後に作成した『2018年Jリーグ総集編』ではチームMVPの選出を、ファン・ソッコと北川航也のどちらにすべきかで大いに頭を悩ませた(結局は北川を選出)。
 
 そんな実績十分なファン・ソッコも、今季はパフォーマンスが安定しなかった。昨季、CBのコンビを組んだフレイレが湘南へと移籍し、即戦力候補のヴァンデルソンもJの水に馴染めずに退団。メンバーが固定されなかったことも影響してか昨季ほどの活躍は見せられていなかった。
 
 その後、今夏に加入した吉本にポジションを奪われ、ベンチを温める日々が続いた。そんな時に7日の練習試合で吉本が左膝を痛めて離脱。名古屋戦で8試合ぶりのチャンスが回ってきたのだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ