「魔術師クボがトリックを披露」「電撃的なドリブルだ」PK奪取の久保建英をスペイン各紙が激賞!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月14日

2度目の出場で結果を残す

A・ビルバオ戦で2試合連続の途中出場を果たした久保。持ち味を存分に発揮した。写真:Rafa HUERTA

画像を見る

 現地時間9月13日に行なわれたラ・リーガ第4節で、ここまで14位のマジョルカは、2位タイと好調のアスレティック・ビルバオをホームに迎え、スコアレスドローに終わった。

 この試合で小さくない存在感を発揮したのが、代表戦から2日前に帰ってきたばかりの久保建英だ。63分、最初の交代カードでダニ・ロドリゲスに代わって4‐4‐1‐1の右サイドハーフに入ると、いきなり果敢なボール奪取で会場を沸かせる。

 その後も長距離移動の疲れを感じさせず、自慢のキープ力を随所に披露。80分には、エリア内で果敢にドリブルを仕掛けて、ユーリのファウルを誘発し、PKを獲得してみせた。この絶好機をFWアブドン・プラツが外してしまい、“アシスト”とはならなかったものの、日本代表FWのプレーをスペイン・メディアがこぞって称えている。
 
『AS』紙は、PK奪取シーンを動画付きで紹介。「久保の電撃的なドリブルが、ユーリのPKを引き起こした。マジョルカがリードする絶好の機会だったが、プラツが失敗した」と綴った。

 また『MARCA』紙は、「クボがラ・リーガで最初のトリックを披露した」と見出しをつけ、「クボがリーガ2回目の“公演”で称賛を獲得した。右サイドに入った日本人は、まるで自転車に乗ったかのように、急な方向転換でユーリを破壊した。(ユーリは)魔術師のトリックで催眠術をかけられ、ペナルティーを与えてしまったのだ」と絶賛した。

 PKが決まらず、勝利の立役者にはなり損ねたとはいえ、十分なインパクトを残した久保。スタメンの座を勝ち取る日も、そう遠くはないだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ