「冗談だろ?」「衝撃的だ」イングランド3部のDFがプレースキックだけで“幻の”ハットトリック!正確すぎる左足にファン驚愕!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月09日

試合後に水を差すような知らせが…

自慢の左足キックで3ゴールを呼び込んだジェーコブソン。その名は一気に全国区に。(C) Getty Images

画像を見る

 名キッカーとして名を馳せた元ユーゴスラビア代表のシニシャ・ミハイロビッチ(現ボローニャ指揮官)はラツィオ時代、直接FKだけでハットトリックという離れ業を演じている。

 セリエAとフットボール・リーグ1(FL1=イングランド3部)というカテゴリーの違いはあるとはいえ、そのミハイロビッチと同じように、左足一本で3ゴールを叩き出したDFがいる。ウィコム・ワンダラーズのジョー・ジェーコブソンだ。

 9月7日に行なわれたFL1第7節のリンカーン戦だった。左SBで先発したウェールズ人DFは開始5分、ペナルティーエリアのやや外側から得意の左足で鋭いFKを突き刺す。36分には、ニアサイドを狙ったCKが密集をすり抜け、2点目をゲットした。

 とりわけ圧巻だったのは、2‐1で迎えた75分の3点目だ。またしてもCKを、今度はファーサイドに蹴り込み、直接ネットを揺らしたのだ。衝撃のハットトリックに、本拠地アダムス・パークが興奮の坩堝と化したのは言うまでもない。
 
 結局、全ゴールを演出したジェーコブソンの活躍により3‐1で勝利したウィコムは、暫定の首位に浮上。英公共放送『BBC』によると、これは132年を誇るクラブの歴史の中で「最高順位」だという。

 だが試合後、この偉業に水を差すような知らせがもたらされた。リーグが公式記録を訂正し、2点目をオウンゴールと認定したのだ。これでハットトリックは幻となってしまったものの、32歳のヒーローは自身のツイッターで、こう喜びを表現している。

「なんて素晴らしい日だ。(巡ってきた)機会、パフォーマンス、結果、すべてが本当に特別だった。ずっと記憶に残るだろうね。ハットトリックはまだ主張できるかな?」

 この出色の活躍に、ファンからは次のようなメッセージが寄せられている。

「冗談だろ?」
「衝撃的だ!」
「今日だけは世界ナンバーワンの選手」
「英雄だ」
「間違いなくハットトリックに値する」
「(ウェールズ代表監督の)ライアン・ギグスから電話がかかって来ることでしょう」

 一夜にして注目の存在となったジェーコブソン。この先、2部昇格やウェールズ代表初招集という夢が、あるいは叶うかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ