【釜本邦茂】屈強な相手に囲まれても動じない久保の技術と度胸は大したもの。より得点に近づくなら…

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月06日

パラグアイ戦では少しサイドに張り過ぎる傾向も見られた

後半から出場した久保は、得点こそなかったものの得意のドリブルを駆使して再三チャンスメイク。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 キリンチャレンジカップのパラグアイ戦は、日本が2対0でコパ・アメリカ8強の相手に勝った。
 
 日本は前半、素晴らしいサッカーを展開していた。パス回しはスピーディで、ゴールに向かおうとする意欲が伝わって来たし、真ん中とサイドの使い分けが非常にうまくいっていた。そうした流れのなかで大迫や南野のワンタッチゴールも生まれた。
 
 あの前半のようなサッカーができていれば、どんな国を相手にしても日本はかなり良い戦いができるんじゃないかな。一方で後半になってメンバーがどんどん入れ替わるにつれて、ちょっとずつサッカーの内容も変わっていった。後半の見どころは、良くも悪くも久保だったと言える。まだ18歳なのに、これだけ注目されているなかで、本当に堂々としたプレーを見せていた。
 
 久保はサイドでボールを持つシーンが多かったが、相手に囲まれてもまるで動じない。屈強なパラグアイのDFに対しても、ビビるような素振りは見せなかったのは大したものだ。
 
 ただし気になったのは、後半あれだけシュートを放ちながら、決定機で決め切れなかったこと。周りにもなんとか久保にゴールを取らせてやろうという意思が見えたけど、ついにパラグアイ戦での“最年少ゴール”はお預けになった。
 

 もちろん今後、ゴールを奪うのも、記録を達成するのも時間の問題だと思うが、パラグアイ戦のプレーを見る限りでは、久保は少しサイドに張り過ぎのような気もした。もっとアタッキングサードでは中に入った方がゴールに近づいてプレーできたはず。決定機もより多く生まれたんじゃないかな。さらに代表で経験を積んで、周囲との連係がスムーズになっていけば、必然的にチャンスもゴールの数も増えていくだろうけれどね。
 
 それにしても、すでにA代表の常連となって久しい堂安や、パラグアイ戦で充実したパフォーマンスを発揮した冨安など、久保も含めて東京五輪世代の突き上げがどんどん出てきている。吉田や長友といったベテラン勢もいまだ健在ぶりは示しているけど、いつ取って代わられるか分からないね。来年の東京五輪を経て、またどんな風にメンバーが変化しているのか楽しみだよ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ