東京五輪世代の両雄が激しく激突!橋岡と杉岡の“Wダイキ”はお互いに何を思ったか

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェストWeb)

2019年09月02日

橋岡が「楽しかった」と振り返れば、杉岡は…

同世代の熱いマッチアップは見応え十分。互いに一歩も譲らない名勝負だった。写真:滝川敏之

画像を見る

 実に見応えのあるマッチアップだった。
 
 9月1日、J1・25節の湘南ベルマーレ対浦和レッズで合間見えたのが、杉岡大暉と橋岡大樹だ。
 
 浦和の右ウイングバックの橋岡と、湘南の左ウイングバック杉岡は、いずれも20歳にしてそれぞれのチームにとって重要な戦力だ。橋岡は17節の大分戦から8試合で先発出場し、磐田戦では1ゴール。杉岡に至っては6月のコパ・アメリカの期間を除くリーグ戦全23試合に出場し、2得点をマークしている。
 
 互いに東京五輪世代(学年は杉岡がひとつ上)。それも嫌でも同サイドで対面するポジションとあって、やはり意識するものがあったのだろう。この日の試合でも、何が何でもボールは渡さんと言わんばかりに、球際で激しくぶつかり、争い合った。
 
 橋岡が「自分では分からないです。周りの人がどう見ているのか、正直気になります。でも自分は楽しかったです」と振り返れば、一方の杉岡は「あいつのほうが1個下なので、絶対にやらせたくなかった。楽しませないくらいにしたいですね。本当はアシストとかができれば『楽しかった』なんて言わせられない。ただ守備は“さすが”というか、しっかりやってくるなと思いましたね」と負けん気を見せながらも、健闘を称える。

 そんな熱く火花を散らしたふたりも、9月2日から11日まで実施されるU-22代表の北中米遠征に参加。今度はチームメイトとして日本を背負う。
 
 杉岡は「彼はフィードに関しては蹴れますし、そこはうまくやれればいいかなと思います」と橋岡との共鳴を心待ちにし、橋岡は「五輪まで1年ないなかで、もっと自分をアピールしていかないといけない。自分がどのポジションをやるか分からないですけど、やった時にしっかりアピールできるように良い準備をして臨みたいと思います」と意気込んでいる。
 
 気迫漲るプレーが頼もしいふたりの“ダイキ”の活躍に期待したい。
 
取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

【湘南 1-1 浦和 PHOTO】興梠が大記録となるゴールを決めるも、梅崎の土壇場PKで追いつかれドローに終わる

空中戦もヒートアップ。杉岡は「五分五分だった」と振り返る。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ