広島が2発快勝で暫定4位に浮上!加入後初先発のL・ペレイラが貴重な先制点! 磐田は決定力を欠き6戦未勝利に…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月31日

広島はリーグ最少失点の堅守を見せつける

今シーズン4点目を挙げたL・ペレイラ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは8月31日、第25節の5試合を各地で開催。ヤマハスタジアムでは磐田対広島の一戦が行なわれ、広島が2-0の快勝で11戦負けなしと、好調をキープした。
 
 前節、新指揮官の初陣を勝利で飾ることができず、修正を図るホームの磐田は、出場停止明けのFWルキアンがスタメン出場。一方、広島はレアンドロ・ペレイラが1トップで加入後初先発。両チームともにアタッカー陣の得点力に期待が懸かる。
 
 磐田は立ち上がりから素早いプレスでボールを奪い、相手DFの背後を狙ったパスを供給し攻勢に出る。すると9分、右サイドで受けた荒木大吾がカットインから積極的にシュートを放つと、GKに当たったこぼれ球がポストを直撃。得点には至らなかったものの、サイドを効果的に使い、試合のペースを握る。
 
 その後も、磐田は中盤でのボール奪取からアダイウトン、ムサエフ、ルキアンの助っ人3名を中心に攻撃を組み立て、チャンスを作るも得点が遠く、スコアレスで前半を折り返した。
 
 後半に入ると、いきなり試合が動く。広島は47分、カウンターから右サイド寄りの裏に抜けた川辺駿が倒れ込みながら中央にパスを送る。東俊希がキープして横に流すと、走り込んでいたL・ペレイラが反応し、ダイレクトで落ち着いてゴール右に流し込み貴重な先制点。L・ペレイラは今シーズン4点目で、広島加入後は2点目に。
 
 この1点をきっかけに火がついた広島は、69分にも、相手DFのトラップミスを奪った柏好文がペナルティエリア手前から低く抑えた鋭いシュートを放つ。ゴール右の際どいコースを突いたシュートに、GKカミンスキーは触れることが出来ず、広島が追加点を挙げる。
 
 試合終盤も広島は、磐田のカウンターに落ち着いて対応。リーグ最少失点の堅守を見せつけて最後まで得点を許さず、2-0の快勝を収めた。
 
 この結果、広島は暫定で4位に浮上。2戦連続無得点となった最下位の磐田は、6戦未勝利で17位との勝点差を縮めることは出来なかった。
 
 次節は9月14日、磐田は王者・川崎と、広島は横浜とアウェーで対戦する。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ