「ラウールは頭を抱えている」久保建英のマジョルカ移籍にカスティージャ指揮官の本音は…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月23日

「自由にプレーしていいとも伝えていた」と現地紙

久保(右)をカスティージャの中軸と考えていたラウール監督(左)。3部リーグ開幕を目前に控え、プランの見直しを迫られているという。(C)Getty Images

画像を見る

 日本代表FW久保建英のマジョルカ移籍を受けて、ショックを隠せないのが元スペイン代表の至宝だ。今季からレアル・マドリーのカスティージャ(Bチーム)を率いるラウール・ゴンサレス監督である。
 
 マドリーの久保に関する基本路線は、トップチームのジネディーヌ・ジダン監督が明かした通りだった。日々のトレーニングはトップチームとともにこなし、週末のリーグ戦はカスティージャが属するセグンダB(スペイン3部リーグ)でプレーするというもの。入団当初からトップチームに帯同してカナダ、アメリカ、ドイツと遠征し、いくつかのテストマッチで出色の出来を見せた久保だが、シーズン開幕が近づくにつれて、ゲーム出場はカスティージャに限られていった。
 
 ラウール監督はカスティージャの練習試合で、久保を2戦連続で先発起用。しかもフルタイム出場させ、若きチームメイトたちとの連携を深めさせた。そしていよいよ今週末に3部リーグ開幕というタイミングで、木曜日にマジョルカ移籍が決定したのだ。
 
 スペイン全国紙『MARCA』は「ラウールにとってクボのマジョルカ移籍は痛恨の一撃」と題し、次のようにレポートしている。
 
「ラウールがクボを大いに評価していたのは疑いようがない。経験不足の若者が多いチームにあって、彼はリーダーとなり得る存在であり、すでにA代表(日本代表)としてコパ・アメリカなど国際大会にも出場している。2部昇格への切り札と見なしていただろうし、同じくカスティージャに軸足を置くロドリゴ・ゴエスが戦線離脱となるなか、クボの引き留めに躍起だった。右サイドでプレーさせ、背番号7を与え、自由にプレーしていいとも伝えたが……。クボに代わる中心的存在は見当たらない。ラウールはチーム強化を根本から見直さねばならず、頭を抱えている」

 
 ジダン監督やラウール監督が、久保と最後にどのような会話を交わしたのかは分からない。やはり本心はマドリードに残り、研鑽を積んでほしいと考えていただろうか。
 
 いずれにせよ、賽はすでに投げられた。スペインの首都から700キロ離れた美しい島で、久保の新たなチャレンジが幕を開ける。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ