堂安律のPSV移籍はフローニンヘンが提示した約17億円の違約金がネックに。オランダ紙は「消滅の可能性も」と見解

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月26日

PSVが準備しているのは800万ユーロ

堂安が熱望しているPSV移籍だが、クラブ間交渉で消滅する可能性も。 (C) Getty Images

画像を見る

 欧州主要リーグの移籍市場がクローズするまで、約1週間となった。そんななか、オランダ・エールディビジのフローニンヘンに所属する堂安律の去就は、現地でも注目を集めている。

 堂安の移籍話が浮上したのは、先々週のことだ。エールディビジ有数の強豪クラブであるPSVが、セリエA・ナポリへの移籍が有力視されていたFWイルビング・ロサーノ(8月23日に正式決定)の後釜として、堂安の獲得を目指すと報じられた。

 しかし、クラブ間での交渉は難航している。オランダ紙『De Telegraaf』によれば、「PSVは堂安獲得のために800万ユーロ(約10億円)を準備し、それ以上払うつもりはない。一方のフローニンヘンは、堂安の売却に違約金1400万ユーロ(約17億5000万円)を提示。このギャップを埋めることは難しいだろう」との見解を示している。

 そのため、PSVは堂安ではなく、アルゼンチン出身のニコラス・ゴンサレス(シュツットガルト)にターゲットを変更するとの報道も出ていた。だが、期限付き移籍を前提にしたゴンサレスへのオファーについては、シュツットガルト側が拒んだようだ。

 結果、依然としてPSVは堂安への興味を維持しているが、金銭面でのギャップが埋まらない限りは交渉は進まないとのこと。現在は「堂安の代理人がフローニンヘンに条件を緩めるように説得している」(『De Telegraaf』)という。

 PSVは堂安とゴンサレスの獲得を両方とも見送ることも視野に入れている。それ以外のアタッカーにターゲットを移行し、期限付き移籍の準備を進める可能性も高まってきたようだ。

 移籍市場の締め切りは9月2日。それまでに堂安が熱望している移籍が実現するのか、それとも消滅してしまうのか。小さくない注目が集まっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ