最も出費したのは? プレミアリーグのクラブ別投資額ランキングを紹介!リバプールはまさかの…

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年08月26日

全クラブの合計投資額は約1925億円!

今夏に最も投資をしたクラブは?(C)Getty Images

画像を見る

 他の主要リーグに先駆けて、8月8日にクローズしたプレミアリーグの移籍マーケット。今夏も小さくない動きがあった。では、20クラブで最も補強に大金を費やしたのはどこだったのか。2019年夏のクラブ別投資額ランキングを紹介する。
 
――――◆――――◆――――
 
 クラブの合計投資額(買い取り料/レンタル料含む)は約15億4000万ユーロ(約1925億円)で、2018年夏の約14億5000万ユーロ(約1813億円)を上回ったが、2017年夏の約16億2000万ユーロ(約2025億円)は下回った。それでも1億ユーロ超えが8クラブ。プレミアの“金満ぶり”は相変わらずだ。
 
 ワンツーフィニッシュはマンチェスター勢だ。シティはロドリやカンセロなどに計1億6800万ユーロ、ユナイテッドはマグワイアやワン=ビサカらに計1億5900万ユーロを投下した。

 3位はOBのエドゥを新TDに迎えたアーセナルで、ペペ、ティアニー、D・ルイスなどを駆け込みで迎え、逸材CBのサリバ(サンテティエンヌ/加入は来夏)を3000万ユーロで購入するなど1億5240万ユーロを投資した。

 さらに過去1年は補強ゼロだったトッテナムも、ヌドンベレ、セセニョン、ロ・チェルソなどに総額1億1400万ユーロを費やして6位にランクインしている。
 
 中小クラブで大型補強に踏み切ったのが、ウェズレイやドグラス・ルイスなどに計1億4860万ユーロを投じた昇格組アストン・ビラ。さらにエバートンも1億1990万ユーロ、レスターも1億610万ユーロの大盤振る舞いだ。一方でリバプールは即戦力の補強がゼロで、ランキングの最下位だった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ