「彼は留まるだろう」“戦力外”から一転、救世主となったベイルをジダン監督が称賛!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月18日

サプライズで先発起用

先制点をお膳立てしたベイル。このままマドリーで残留することになりそうだ。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間8月17日、2019-20シーズンのラ・リーガ開幕節で、セルタとのアウェー戦に臨んだレアル・マドリーは、3-1の快勝を飾った。

 驚きだったのは、ジネディーヌ・ジダン監督がガレス・ベイルを先発で起用したことだ。

 昨シーズン終了後にこのフランス人指揮官から“戦力外”を伝えられたウェールズ代表FWは、今夏に中国の江蘇蘇寧への移籍が目前に迫っていたものの、合意寸前でマドリーが翻意し、破談に。もはや買い手が付かず、ジダン監督も戦力と考えていると示唆していたとはいえ、スタメンというのはサプライズだった。

 その抜擢に応え、開始12分に左サイドでボールをキープしたベイルは、絶妙のクロスでカリム・ベンゼマの先制ゴールをアシスト。GKの好セーブに防がれたものの、43分にもカウンターから惜しいチャンスを作り出すなど、文字通り攻撃を牽引した。
 
 故障で新戦力のエデン・アザールを欠いたチームの救世主となったベイルについて、ジダン監督は試合後の会見で次のように言及した。スペイン紙『AS』紙などが伝えている。

「ガレスは、他の選手と同じようにここにいる。出来には満足している。彼は(チームに)留まるだろう。アザールの故障は不運だったが、それでベイルを先発させるプランになったわけではない」

 アザールがいてもベイルは先発だった――。そう語ったジダン。マルコ・アセンシオの長期離脱などで背に腹は代えられず、ベイルに賭けるギャンブルがひとまずは成功した格好となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【久保建英PHOTO】R・マドリーで躍動するワンダーキッドの最新厳選フォトをお届け!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ