香川真司に23番を譲ったサラゴサDFをスペイン紙が大絶賛!「1年も経たないうちに二度も…」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月17日

サラゴサ加入時は6番だったが…

13日に入団発表を行なった香川。背番号は慣れ親しんだ23番に決まった。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間8月13日、ドルトムントからレアル・サラゴサに移籍した香川真司が、入団会見を行なった。7000人ものサポーターが集まり、大盛況となったこの場で発表されたのが背番号だ。

 日本代表MFは、ドルトムントやベジクタシュでも背負った「23番」を選択。そのナンバーを快く譲ったのがシモーネ・グリッポだ。

 実は、このスイス人CBが背番号を明け渡したのは、これが初めてではない。今冬にスペイン人DFのアルベルト・ギティアンがバジャドリーから加入した際にも、17年夏にサラゴザへ入団した時から纏ってきた6番を譲り、そしてチョイスしたのが23番だったのだ。
 
 1年も経たないうちに、二度も“マイナンバー”を譲渡したグリッポを、スペイン紙『MARCA』は手放しで称賛している。

「サラゴサのゲームキャプテンのひとりである、シモーネ・グリッポがまたやってくれた。チームメイトに対して素晴らしい行動をしたのだ。香川慎二がドルトムント時代につけていた『23番』を与え、20番に変更するのに何も不満も漏らさなかった」

 記事には、昨年11月に前十字靭帯断裂の大怪我を負ったグリッポの穴埋めとしてやってきたギティアンの、次のようなコメントを掲載している。

「(故障中の)シモーネに『6番を借りていいかい?』って連絡をしたんだ。無理に番号を奪うのは本意ではなかったからね。そしたら彼は、『問題ないよ』って言ってくれたんだ。本当にナイスガイだよ」

 AS紙は最後にこう結んでいる。

「グリッポは1年も経たないうちに3つの異なる番号を“取得”したが、不満はまったく見せなかった。不平を言うのではなく、チームメイトを助ける。それが、彼がキャプテンのひとりであり、『シモーネのチーム』とまで呼ばれる理由だ。このような振る舞いは、きっと実を結ぶことだろう」

 香川のパフォーマンスはもちろん、この心優しいCBのプレーにも注目したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【香川真司PHOTO】サラゴサ熱狂の歓迎セレモニー&豪華な入団会見、舞台裏の貴重フォトを厳選!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ