「ゴールデンボーイだ!」「クルトワは何もできず」久保建英の“強烈ゴラッソ”に反響が続々!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月14日

ラ・リーガ開幕に向けた最終調整で…

カスティージャ残留か、レンタル移籍か。久保の動向に注目が集まっている。(C)Getty Images

画像を見る

 レアル・マドリーの久保建英の去就が注目されている。このままカスティージャ(Bチーム)でプレーするのか。それとも、1部のクラブにレンタルされ、高いレベルで経験を積むのか。

 少なくとも、ジネディーヌ・ジダン監督が、この日本の俊英を「自分の目の届くところに置いておきたい」と考えているのは、間違いないようだ。

 実際、トップチームの開幕前最後のテストマッチとなった8月11日のローマ戦の前日練習に、フランス人指揮官は、同じく18歳のロドリゴとともに、久保の参加を強く望んだという。

 そのため、同じ日に開催されたカステージャプレシーズンマッチ(2部のテネリフェに2-3で敗北)に、久保とロドリゴの姿はなかった。
 

 現在、結局この18歳コンビは招集されなかったローマ戦(2-2。PK戦4-5で敗北)を終えたマドリーは、17日のセルタとのラ・リーガ開幕戦に向けた最終調整を行なっている。

 そんななか、再びトップチームのトレーニングに参加している久保が、目を引くようなプレーを披露したようだ。スペイン紙『AS』が動画とともに、紹介している。

 ミニゲームで、日本代表FWは、マーカーと対峙しながら左足を一閃。横っ飛びをしたGKのティボー・クルトワが触れもしない、矢のような鋭いシュートをネットに突き刺した。

 AS紙は、この“ゴラッソ”を次のように表現している。

「これがクボだ。カスティージャの選手として練習に参加したクボは、クルトワが何もできない鋭いシュートを放った」

 また、動画を見たファンからは、「ラ・ファブリカ(工場。下部組織のこと)の真珠」、「ゴールデンボーイ!」、「いいぞ!」といったコメントが続々と寄せられている。

 カスティージャは現地時間14日、同じ2部Bのクルトゥラル・レオネサとテストマッチを行なう。久保がこの試合に出場すれば、7日のアルコルコン戦(3-0)以来の実戦となる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ