強豪ポルトが昇格組ジルビテンセに敗れる衝撃の船出…。中島翔哉はベンチ入りも出場せず

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月11日

昇格組の勢いに負け、ポルトは黒星スタート

ベンチ入りしたものの出場機会は与えられなかった中島。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間8月10日、中島翔哉が所属するポルトがリーグ開幕戦を迎え、中島のかつての恩師ヴィトール・オリベイラ監督が率いる昇格組のジルビセンテとアウェーで対戦。中島はベンチスタートとなった。

 ポルト優勢という前評判を裏切り、主導権を握ったのはホームのジルビセンテだった。

 29分にはゴール前での絶好機をポルトGKマルチンソンに阻まれるも、攻撃のリズムを掴む。その後も、ジルビテンセの攻守の切り替えの早さに手をやくポルトは、45分にセットプレーからPKを獲得。しかしこれはVARにより取り消され、スコアレスで前半を折り返す。

 50分にはFWゼ・ルイスが左からのクロスに合わせる絶好のチャンスを迎えるが、GKの攻守に阻まれゴールを割ることができない。
 
 57分にポルトはルイス・ディアスとマラガを2枚投入して打開を図るが、60分にパスミスからショートカウンターを食らって先制点を奪われ、リードされるというまさかの展開に。

 だが、71分にルイス・ディアスのシュートを弾いたDFのプレーがVARによりハンドと判定され、PKを獲得。アレックス・テレスがこれをきっちり決めて、スコアを1-1とした。

 しかし77分には右サイドから崩されてまたしても1点を失い、再び追いかける展開に。ポルトの交代3枚目のカードは17歳ファビオ・シルバに与えられ、79分に投入された。

 それでも、ジルビテンセの勢いは衰えず、ポルトは効果的な攻撃をできないまま試合は終了。昨季2位のポルトが、昇格組のジルビテンセに敗れ、王者奪還を目指す今季の船出を、黒星で飾ることになった。

 ポルトは8月13日にチャンピオンズ・リーグ予選3回戦の第2レグでクラスノダールと対戦する。果たして、中島に出番は与えられるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ