日本人コンビの3戦連続アベック弾はならずも…ザルツブルクは開幕3連勝。奥川雅也は後半に負傷交代

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月11日

チームは5点をたたき出す快勝

常に前線でゴールに絡む動きを見せていた南野。 (C) GEPA pictures/ Amir Beganovic

画像を見る

 現地時間8月10日、南野拓実と奥川雅也が所属するレッドブル・ザルツブルクが、オーストリア・ブンデスリーガ第3節で、ホームにヴォルフスベルガーを迎えた。

 第2節で先発し、ともにゴールを決めて勝利に貢献した日本人ふたりは、この試合でも2列目の右と左に揃って先発に名を連ねている。

 試合は前半からオープンな展開が続いた。2列目の右で先発した南野はエリン・ハーランド、同じ2列目のバトソン・ダカ、左の奥川らとともに果敢に前線に飛び込む。22分にハーランドが先制すると、39分には、南野ら前線が敵DFのオウンゴールを誘発する。

 65分にも1点を加えたザルツブルクだが、68分、奥川雅也が接触により右足首付近を痛めて交代。試合中は果敢に左サイドから仕掛けていたが、倒された後に自ら立つことができず、担架で運び出された。負傷の具合が気になるところだ。

 南野は79分にエムウェブと交代。この日はノーゴールに終わっている。

 試合は89分にハーランドが3点目を叩き込み、アディショナルタイムにはアンドレ・ラマ―リョがダメ押しの1点を決めて、5-2で7連覇を狙う王者が快勝した。

 この勝利で、ザルツブルクは開幕3連勝を飾っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ