「おめでとう!」「グッドラック」サラゴサ移籍の香川真司の元に“世界の名手たち”から熱いエールが続々!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月10日

ギュンドアン、マタ、長友に酒井宏樹と…

悲願のスペイン挑戦をスタートさせる香川。古豪サラゴサの命運を握る(写真は公式ツイッターより)。

画像を見る

 ラ・リーガの古豪サラゴサへの電撃入団が発表された香川真司。クラブの公式サイトとSNSには特別企画の動画や写真が次々に投稿され、歓迎ムードに包まれている。
 
 そんななか、香川も自身のSNSで移籍を報告。「レアル・サラゴサの一員になれてとてもハッピーです。1部復帰を果たすために闘いましょう」とスペイン語で想いを綴った。
 
 その投稿欄に熱いメッセージを書き込んできたのが、日本代表の僚友やボルシア・ドルトムント、マンチェスター・ユナイテッドなどで共闘したかつての盟友たちだ。その顔ぶれはワールドワイドで、実に豪華。イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)が「おめでとう、ブラザー!」と親しみを込めれば、ファン・マヌエル・マタ(マンチェスター・ユナイテッド)は「グッドラック・シンジ!」とエールを贈る。
 
 さらにロマン・ヴァイデンフェラー(元ドルトムント)が「がんばれ、そして幸運を!」、長友佑都(ガラタサライ)が「フォルツァ、シンジ!」、かつてサラゴサでプレーした長谷川アーリアジャスール(名古屋グランパス)も「バモス、シンジ!」と記した。ほかにもアレクサンデル・ビュットネル(フィテッセ)、酒井宏樹(マルセイユ)、森本貴幸(アビスパ福岡)、細貝萌(ブリーラム・ユナイテッド)、宮市亮(ザンクト・パウリ)らが、友の新たな門出を絵文字で激励している。
 
 はたして香川はサラゴサの地で光り輝けるのか。チームを7年ぶりのプリメーラ昇格に導く水先案内人となれるのか。ラ・リーガ2部の開幕戦(8月18日)、サラゴサは本拠地でテネリフェを迎え撃つ。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ