長谷部誠、大迫勇也、中島翔哉ら日本人選手に注目!19/20シーズンのブンデスリーガ&ポルトガルリーグがいよいよ開幕‼

カテゴリ:PR

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年08月09日

2強によるマッチレースの行方は?

前哨戦となった3日のドイツ・スーパーカップはドルトムントが2-0でバイエルンを下した。(C)Getty Images

画像を見る

 19/20シーズンのドイツ・ブンデスリーガがいよいよ8月16日に開幕する。
 
 昨シーズンはバイエルンがドルトムントとのデッドヒートを制し、前人未到のブンデス7連覇の偉業を達成した。
 
 わずか勝点差2に泣いたドルトムントは、この夏の移籍市場でマッツ・フンメルス(←バイエルン)、ニコ・シュルツ(←ホッフェンハイム)、ユリアン・ブラント(←レバークーゼン)、トルガン・アザール(←ボルシアMG)と、ブンデス屈指のタレントを次々に獲得。充実の陣容を整えた。
 
 一方の王者バイエルンは、層の薄かったディフェンス陣にリュカ・エルナンデズ(←アトレティコ・マドリー)、バンジャマン・パバール(←シュツットガルト)を加えたものの、アリエン・ロッベンとフランク・リベリが抜けたウイングなど、補強が十分とは言えない。
 
 前哨戦となった8月3日のドイツ・スーパーカップでは、ドルトムントがジェイドン・サンチョの1得点・1アシストの活躍でバイエルンを下しており、2強の実力差は縮まっている印象だ。
 
 新シーズンも、この2強が覇権を争う構図は変わらないだろう。

4位以上に与えられるチャンピオンズ・リーグ(CL)の出場権争いも熾烈を極めそうだ。
 
 RBライプツィヒは、ホッフェンハイムで実績を残した若き智将、ユリアン・ナーゲルスマンを招聘。中軸だったドイツ代表のユリアン・ブラントをドルトムントに引き抜かれたレバークーゼンは、ケレム・デミルバイ、ナディーム・アミリ(ともにホッフェンハイムから)など即戦力を獲得し、陣容を整えた。
 
 さらにボルシアMGやヴォルフスブルク、昨シーズンは不調に終わったホッフェンハイムやシャルケ、ヘルタ・ベルリンなども虎視眈々とCL出場枠を狙っている。
 
 もちろん、昨シーズンはリベロとして新境地を開拓し、ドイツのサッカー専門紙『キッカー』のベストイレブンにも選出された長谷部誠、ベルギー・リーグで15ゴールを挙げて自信をつけた鎌田大地(ともにフランクフルト)、エースでキャプテンだったマックス・クルゼに代わる大黒柱としての活躍が期待される大迫勇也(ブレーメン)のプレーにも注目が集まる。
 
 他にもクラブ史上初めて1部昇格を決めたウニオン・ベルリンとヘルタ・ベルリンとのベルリン・ダービーが開催されるなど、見所が満載だ。
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ