鎌田大地のセリエA移籍が急遽保留…悪童の「ドタキャン」が影響

カテゴリ:海外日本人

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年08月01日

ボアテングが土壇場で心変わりして…。

ジェノア移籍の噂が浮上している鎌田。(C)Getty Images

画像を見る

 鎌田大地のセリエA移籍が、最終局面で停滞しているようだ。
 
 日本代表MFは昨シーズン、レンタル先のシント=トロイデンで公式戦36試合に出場して16ゴール・9アシストの活躍。今夏は保有元のフランクフルトに一旦復帰したが、ジェノアやフィオレンティーナなどイタリア勢が獲得を狙っていると報じられてきた。
 
 とくにジェノアがフランクフルトと熱心に交渉を進め、7月下旬には「間もなくメディカルチェックのためイタリア入りか」との現地報道も出ていた。しかしここにきて、流れが変わってきているようだ。『スカイ・イタリア』の移籍専門記者であるジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が伝えている。
 
 いわくフランクフルトは、鎌田のジェノア移籍で基本合意。そして、その後釜として17-18シーズンにも所属していたケビン=プリンス・ボアテング(サッスオーロ)の復帰に迫っていたという。しかしこの元ガーナ代表の悪童が土壇場で心変わりし、7月31日にフィオレンティーナ移籍が決定してしまった。
 
 このボアテングはミラン、シャルケ、再びミラン、ラス・パルマス、フランクフルト、サッスオーロ、昨シーズン後半戦はレンタルでバルセロナ、そしてフィオレンティーナと、ここ6年で延べ8クラブを渡り歩く通り、一筋縄ではいかないプレーヤーとして知られる。彼のドタキャンで状況が変わってしまい、鎌田のイタリア行きがペンディング状態になってしまったという。
 
 フランクフルトはトップ下で主戦を張るミヤト・ガチノビッチにもラツィオ行きの噂が浮上しており、これが実現すればますます鎌田を手放せない状況になる。ジェノアもいつまでも、フランクフルトが放出を容易にするのを待てないだろう。
 
 はたして新シーズンの鎌田はどこでプレーするのか。イタリアとドイツの移籍市場は9月2日まで開いており、最後の最後まで目が離せない。
 
構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ