エリクセンはユナイテッド入り拒否でスペイン行きか? トッテナムは後釜にベティスのアルゼンチン代表MFを確保へ

カテゴリ:移籍情報

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月08日

後釜に75億円を用意

スペイン行きを希望しているエリクセン。新天地はどこに?(C)Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグの移籍市場が閉まるまでわずかとなり、各クラブはラストスパートをかけている。

 ロメル・ルカクのインテル移籍が事実上決まった8月7日、マンチェスター・ユナイテッドはトッテナムのクリスティアン・エリクセン獲得を断念したようだ。

『Guardian』紙など英メディアが報じたところによると、契約最終年で去就が注目されているエリクセンは、ユナイテッドと交渉したが、スペインへの希望を回答したという。かねてよりレアル・マドリーへの移籍の望んでいるとされているが、その宿敵であるアトレティコ・マドリーも、さらにはユベントスも関心を寄せているという。

 トッテナムは前日にユーベのパウロ・ディバラやバルセロナのフィリッペ・コウチーニョの獲得の可能性も報じられた。

 ディバラについては、ユナイテッド移籍が破談に終わったのと同様に、ユーベ残留を望む選手側との交渉が難航している様子。年俸に加え、肖像権の扱いもネックになっているという。一方で、英公共放送『BBC』のように合意に近づいているというメディアもある。

 トッテナムやアーセナルなど、プレミアのクラブへの期限付き移籍が注目されているコウチーニョだが、『ESPN』は、バルセロナ関係者がイングランド勢へのレンタル放出を断念したと伝えている。
 
 ただ、トッテナムも空手でマーケットの閉幕を待つことはなかった。Guardian紙によれば、ジオバニ・ロ・チェルソの獲得でベティスと合意に達したとのこと。移籍金は6000万ユーロ(約75億円)と見込まれ、残すはロ・チェルソとの条件面の合意という。

 さらに、トッテナムは以前からフルアムと交渉していたウインガー、ライアン・セセニョンの獲得にも迫っているとのこと。マウリシオ・ポチェティーノ監督は先日、「クラブは私の肩書きを変えるべき」と、チーム編成に関して何も知らされていないと不満を表わしたが、土壇場での駆け込み補強には満足しているだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
久保建英がスペイン1部バジャドリーにレンタル移籍へ!地元メディアが報じる
ルカクのインテル移籍が目前! マンUは移籍金減額の計98億円で折れる
ダビド・ルイスのアーセナル移籍が決定的に! 10億円でチェルシーと合意
ディバラに続いてコウチーニョも? トッテナムが大型補強へ動く!恩師が口説き落とすか
「モドリッチは怪我などしていない」マドリーの遠征メンバーから外れた名手、いよいよ退団が加速か

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ