「モドリッチは怪我などしていない」マドリーの遠征メンバーから外れた名手、いよいよ退団が加速か

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月08日

「不可解な扱い」をスペイン紙が追求

在籍7年間で10個のタイトルを勝ち取ったモドリッチ。ついにマドリーに別れを告げる日が……。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間8月7日、レアル・マドリーはオーストリア遠征を実施し、レッドブル・ザルツブルクとのプレシーズンマッチを戦った。今季初の3バック(3-4-2-1)を採用し、エデン・アザールのゴールで1-0の勝利を収めた。
 
 今回選抜されたのは20名の精鋭メンバー。ジネディーヌ・ジダン監督の構想外とされ、放出が濃厚なハメス・ロドリゲス、ガレス・ベイル、マリアーノ・ディアスの3選手がメンバー外となった一方、同じくマドリードに残った久保建英とロドリゴの新加入18歳コンビは、同日に行なわれたカスティージャ(Bチーム)のテストマッチ、対アルコルコン戦に出場した。
 
 そしてもうひとり、意外な主軸がメンバー外となった。クロアチア代表のバロンドーラー、ルカ・モドリッチである。
 
 マドリー公式は「怪我のため」と説明したが、これに異を唱えたのがスペイン全国紙『AS』だ。「モドリッチのメンバー漏れはきわめて疑わしい裁定だ」と題し、「彼はどこも怪我などしていない」と断言。次のようにレポートを続けている。
 
「フィットネスになんら問題がないルカ・モドリッチが、不可解にもザルツブルク遠征のメンバーに選ばれなかった。ジダン監督の決定なのか、それとも退団を願うクロアチア人の希望だったのか。もはや移籍は秒読み段階に入った、と見るのが妥当だろう」
 
 さらに同紙は1年前の顛末を紹介。ロシア・ワールドカップ後にもモドリッチは退団を求めた。インテルなどが好条件のオファーをマドリー側に提出したが、フロレンティーノ・ペレス会長はいっさいの打診をシャットアウトしたのである。その代わりにモドリッチの年俸を大幅に上げ、カリム・ベンゼマと同じ1000万ユーロ(約12億5000万円)に再設定した。
 
 だが、「33歳となったいま、明らかにキャリアの冬に入った」と『AS』紙は見る。「トニ・クロースの契約が新たに更新され、なによりマドリー首脳部は目下、ポール・ポグバの獲得を最大のミッションと捉えている」とし、「フランス代表MFが加入となればモドリッチの先発はなくなる。そこに本人が危惧を抱いているのは間違いない」と記した。

 
 マドリーはほかにもアヤックスの俊英MF、ドニー・ファン・デベークの獲得も目前に迫る。オランダ代表の22歳もまた、モドリッチの存在を脅かす上昇株だ。
 
 2012年夏にトッテナム・ホットスパーから鳴り物入りで入団し、早や7年。チャンピオンズ・リーグを4度制するなど10個のタイトルをマドリーにもたらし、絶対的な地位を築き上げた。はたして稀代のプレーメーカー、ルカ・モドリッチは純白のキットに別れを告げるのか。ひとつの時代が、終焉を迎えようとしているのかもしれない。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ