久保建英がスペイン1部バジャドリーにレンタル移籍へ!地元メディアが報じる

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月08日

“怪物”ロナウドが熱望

バジャドリーへのレンタルが報じられた久保。1部でプレーする機会を得られるのか。(C)Getty Images

画像を見る

 日本の至宝はスペイン1部でプレーすることになりそうだ。

 現地時間8月7日、『MARCA』紙などのスペイン・メディアは、『El Chiringuito TV』が報じたこととして、レアル・マドリーの久保建英がバジャドリーにレンタル移籍をすると一斉に伝えた。

 サマーキャンプからトップチームに帯同し、プレシーズンマッチには4試合(103分間)に出場して小さくないインパクトを残した日本代表FWは、しかし7日のレッドブル・ザルツブルクとテストマッチは招集外に。同じ日に行なわれたカスティージャ(Bチーム)のアルコルコン(2部)との試合に先発出場していた。

 ジネディーヌ・ジダン監督は、3つのEU外選手枠に余裕がないこともあり、久保の扱いについて、「カスティージャに籍を置き、トップチームのトレーニングに参加させる」との青写真を描いていたが、2部B(実質3部)のカスティージャでプレーさせるより、1部で経験を積ませたほうがいいと判断したようだ。

『MARCA』は、久保に対して、バジャドリーのほか、レバンテ、エスパニョール、マジョルカ、ビジャレアルの5クラブがレンタル移籍を打診していると報じていた。
 
 バジャドリーは、かつて1999-2000シーズンに元日本代表FWの城彰二氏が在籍したクラブとして知られる。現在、オーナーを務めるのは、マドリーでも活躍した元ブラジル代表の“怪物”ロナウド氏だ。
 
 昇格1年目となった昨シーズンは、前半戦こそ快進撃を続けたものの、大失速して最後は16位に沈んだ。『MARCA』紙は先日、「ロナウド自身がクボに強い関心を寄せているようだ。この夏の補強は上手く行っておらず、サイドで違いを生むアタッカーの補強が不可欠。ファンはマドリーとロナウドの厚い信頼関係に期待をかけていることだろう」と伝えていた。やはり、ロナウド氏とマドリーの関係が、この取引の決め手となったのか。

 はたして、報道通りに、久保はバジャドリーへと向かうのか。その動向に注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ