「超誇らしい」「その素晴らしさをロシアに…」“裏切り者”マウコムのバルサ退団をローマ公式が痛烈に皮肉る!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月03日

1日だけローマに在籍?

ゼニト加入が決定したマウコム。まさか移籍先からいじられることになるとは……。※写真はゼニトの公式より

画像を見る

 ゼニト・サンクトペテルブルクは現地時間8月2日、バルセロナからマウコムを獲得したことを発表した。

 それに伴い、公式ツイッターで期待のニューカマーを紹介する動画を投稿。それに反応したのが、1年前にこのブラジル代表FWの獲得に近づいていたローマだ。

 マウコムは昨夏、ボルドーからローマへの移籍が目前に迫っていた。両クラブは合意し、メディカルチェックを受ける寸前だったが、そこに割って入ったバルサが強奪する形でスペインへ渡ることになった。

 当時、ローマのSDだったモンチ(現セビージャ)はボルドーを非難。バルセロナから謝罪があったが、ジェームズ・パロッタ会長は、「リオネル・メッシを売ってくれない限り受け入れない」とお冠だった。

 そんな経緯を知ったうえで、ゼニトはマウコム加入発表の動画にローマの存在を組み込んだ。そのキャリアを紹介していく中で、「2018年7月22日~23日 ローマ」と、1日だけローマの選手だったことをわざわざ紹介したのだ。
 
 ローマの公式ツイッターは、すぐこれに反応。「彼が我々と一緒だったことを超誇らしく思う。その素晴らしさをロシア・リーグにもたらしてくれ。幸運を」と、マウコムを皮肉るリプライを送ったのだ。

 すると今度はゼニトが、ローマのリプライに「なにか我々が使えるハイライトはある?」と反応。ローマは奇妙な動画とともに、「それはないけど、明らかにローマ経営陣がクスリをやっていた時の、未完成の獲得発表動画ならある」とジョークで返した。

 加入間近で振られたことに激怒したローマが、マウコムを揶揄するのは仕方ないだろう。ただ、これからプレーする選手をゼニトが“いじった”ことには疑問が残る。ブラジル人のマウコムは、ユーモアとして受け流すのだろうか……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ