コパ・アメリカで問題発言のメッシ、3か月の出場停止処分に!W杯予選への影響は?

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年08月03日

1週間以内に異議を申し立てられる

先のコパ・アメリカでは辛辣な発言を繰り返したメッシ。それだけ思入れが強かったのだろうが……。(C)Getty Images

画像を見る

 大会の正当性を疑問視する言葉を口にしたのだから、処分は覚悟のうえだっただろう。

 南米サッカー連盟(CONMEBOL)は8月2日、バルセロナに所属するアルゼンチン代表のリオネル・メッシに、5万ドル(約550万円)の罰金と3か月の出場停止処分を科すことを発表した。『ESPN』などが報じている。

 メッシにとって悲願である代表でのメジャー大会優勝を目指し、ブラジルで開催されたコパ・アメリカに臨んだアルゼンチンだったが、準決勝で宿敵ブラジルに屈した。試合後、メッシはビデオアシスタントレフェリーの介入がなく、PKが与えられなかったことなど、判定への怒りを口にする。
 
 そして迎えたチリとの3位決定戦、メッシはガリー・メデルと小競り合いを起こしてレッドカードを出され、一発退場に。チームは勝利し、3位の座を手にしたが、メッシは「汚職の一部になる必要はない」と運営側を糾弾した。

 メダルの受け取りを拒んだメッシは、さらに「僕らに対する敬意を欠いた」、「ブラジルの優勝が決まっている大会」と、開催国ブラジルのために仕組まれた出来レースだったと不正を訴えた。

 物議を醸した発言に、CONMEBOLは罰金と3か月の出場停止という処分を選んだ。1週間以内に異議を申し立てられるが、処分が決まれば、メッシは9月や10月の親善試合に出場できない。

 ただ、2022年のカタール・ワールドカップに向けた南米予選は、2020年の3月から始まるため、処分の影響はないのは不幸中の幸いだった。ただし、チリ戦のレッドカードで1試合の出場停止となるため、W杯予選の初戦に出場することはできない。

 厳しい言葉で批判したCONMEBOLからの処分に、メッシは何を思うのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ