「ジダンは日本の真珠がお気に入り」スペイン老舗誌が久保建英の“トップ早期昇格”を確信!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月02日

L・バスケスを放出し、久保を引き上げると予測

マドリー入団からおよそ3週間。久保は瞬く間にその名を世界に知らしめた。(C)Getty Images

画像を見る

 ドイツ・ミュンヘンで開催されていたアウディ・カップを終え、本拠地に舞い戻ったレアル・マドリー。いよいよ8月17日のラ・リーガ開幕戦(アウェーでのセルタ戦)に向けて、チーム強化のスピードも高まりを見せていきそうだ。
 
 しかしながら、チームを率いるジネディーヌ・ジダン監督の心中は穏やかでないだろう。
 
 いまだ新シーズンを戦うスカッドは確定しておらず、狙いを定めるポール・ポグバら大物獲得の交渉に進展はなく、一方で、構想外としたガレス・ベイルとハメス・ロドリゲスの去就が定まっていない。チーム状態もピリッとしないまま。プレシーズンマッチ5試合は1勝1分け3敗と、スペイン・メディアによれば「過去40年で最低のスタート」で、とりわけディフェンス陣の体たらくぶりが顕著だ。
 
 そんななか、スペインの老舗専門誌『Don Balon』電子版が注目の記事を掲載した。ジダン監督が不安定なスペイン代表FWルーカス・バスケスを放出し、その右サイドの補充に久保建英を“昇格”させるだろう、というのだ。同誌は以下のようにレポートしている。
 
「ジダンが春に二度目の監督就任を果たして以降、まるで精彩を欠いてしまっているのがルーカス・バスケスだ。もはや28歳の名手は違いを生み出せる存在ではなく、マドリーではどこか自信なさげにプレーしているように映る。何人かの選手がこの夏の放出候補に挙がるが、ジダンはバスケスもそのリストに加えたのだ」
 
 さらに同誌は「これ以上市場価値が下がる前に、クラブとしても売却したいと考えている。バスケスに関心を持つクラブは複数あり、なかでもバイエルン・ミュンヘンが乗り気だ」と記している。

 
 そして、フランス人指揮官は、迷わず久保を引き上げるだろうと予測する。
 
「バスケスを売れば3000万ユーロ(約37億5000万円)は手に入る。だが、その代わりに右サイドへ大物を迎えたりはしないだろう。現在のチームにはすでに、ジダンがお気に入りの日本の真珠がいるからだ。マドリー入団以降、ポジティブな驚きをずっと提供し続けているタケフサ・クボである。

 素早く環境に順応し、ピッチ内では圧倒的な技術だけでなく、献身的なプレーを継続させ、なにより自信に満ち溢れている。当初はカスティージャ(Bチーム)に軸足を置くと思われたが、トップチームへのジャンプアップはもはや決定的。昨シーズンのヴィニシウス(・ジュニオール)と同じ道を辿るだろう」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ