「驚くべきはそのメンタリティーだ!」マドリー番記者が語り尽くす、久保建英の“リアル評”

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月26日

10年前の若きベンゼマと比べると…

マドリーの番記者をも唸らせたそのメンタリティー。久保の声価は高まる一方だ。(C)Getty Images

画像を見る

 日本時間の7月27日朝、ニューヨークを舞台にアトレティコとのダービーマッチを戦うレアル・マドリー。北米ツアーのラストを飾るインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)で、日本代表FW久保建英の出場はあるのか。日本のみならず、世界中のマドリー・ファンも注目しているところだろう。
 
 日本サッカー界が誇る至宝をさまざまな角度から考察しているのが、アメリカの人気スポーツサイト『Bleacher Report』だ。複数のジャーナリストや指導者がコメントを寄せ、当サイトではすでに久保のバルサ・カンテラ(下部組織)時代の恩師である、オスカル・エルナンデス氏の言葉を紹介した。続けて今回は、久保がマドリードに降り立った7月8日からおよそ3週間、密着取材を続けてきた番記者が“リアル評”を展開する。スペインの全国スポーツ紙『Marca』のマドリー番、ミゲル・アンヘル・ララ記者だ。
 
 同記者は「リネオル・メッシと似た個性を持っているし、実際に彷彿させる部分も少なくないが、比べるのはフェアじゃない。おそらくメッシは史上最高のフットボーラーなのだから」と前置きし、以下のように論じている。
 
「わたしがクボについて驚かされたのは、なによりもそのメンタリティーだ。テクニックのレベル以上にね。(ICCの)バイエルン戦では、あたかもレアル・マドリーに長く在籍しているかのようにプレーしていたよ。かつてバルセロナで数年を過ごしたとはいえ、スペインとは文化がまるで違う日本からやって来た18歳とは、とうてい思えない。むしろ居心地が良さそうに見える」

 
 さらに、マドリーの前線の核である元フランス代表FW、カリム・ベンゼマの若かりし頃を思い起こし、こう評している。
 
「クボくらいの年齢だとたいていはシャイだ。2009年にマドリーに入団した当初のベンゼマなどは、まさに典型例だった。ところが、クボはまるで違う。貪欲にボールを求め、劣等感など微塵も感じさせない。とても勇敢で、バックパスは選択せず、常に意識は前方に向けられている。素晴らしいパーソナリティーを持ち合わせているのだ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ