ジダン監督、久保建英らを使わず“戦力外”ベイルを謎の起用。1ゴールにもきっぱりと…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月24日

ゴタゴタ続きの中で…

突然ベイルを起用したジダン監督の意図は?(C)Getty Images

画像を見る

 レアル・マドリーは現地時間7月23日、アメリカ・ワシントンD.C.のフェデックスフィールドで、インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)の第2戦でアーセナルと対戦。0-2から同点に追いつき、PK戦の末に勝利を収めた。

 久保建英は起用されなかったこの試合で驚きを与えたのが、ガレス・ベイルが後半頭からピッチに立ったことだ。ジネディーヌ・ジダン監督が“戦力外”としているウェールズ代表FWは、初戦のバイエルン・ミュンヘン戦ではベンチからも外されていた。

 しかも、試合の直前には、「ベイルがまもなくクラブを去るのは、彼を含めた全員にとってベストなことだ」と発言したフランス人指揮官に対し、ベイルの代理人が「ジダンは恥さらし」と痛烈に批判。これを受けて、ジダンが「(バイエルン戦で)ガレスがプレーしなかったは、彼が望んでいたからだ」とやり返すなど、ゴタゴタが続いていたのだ。

 
 なかなか売却先が見つからないベイルを市場にアピールする狙いだったのか。クラブの“思惑”通り(?)、1ゴールを決めてみせた快足アタッカーについて、ジダンは試合後、こうコメントした。スペイン紙『Marca』が伝えている。

「彼はいいプレーをしたし、他の選手と同じく満足している。とくに彼と話しはしていない。普通にトレーニングをしているから試合に使っただけで、状況は何も変わっていない、あなた方が知っての通りだ」

 また、この試合ではマルコ・アセンシオが左膝を負傷し、長期離脱が濃厚となった。だが、「アセンシオの怪我がベイルの去就に影響があるか」という問いに関しても、「それはまったく関係がない」ときっぱり。やはり、「構想外」という考えは変わらないようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ