「自信を持て」「最後の30メートルでは…」デビュー戦に臨む久保建英の背中を押した、名将ジダンの“言葉”

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月21日

選手本人は「結果にはガッカリしています」

マドリーの代名詞であるホワイトキットも初披露した久保。北米の地でまたひとつ、確かな一歩を踏み出した。(C)Getty Images

画像を見る

 現地7月20日、アメリカ・テキサス州ヒューストンで行なわれたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)、レアル・マドリー対バイエルン・ミュンヘン戦は、後者の3-1勝利に終わった。
 
 これが今季初のプレシーズンマッチとなったマドリーは、前半45分間に新加入エデン・アザールを含む現時点でのベストメンバーでスタメンを構成。そして後半頭からはメンバーを総入れ替えし、日本代表FW久保建英が移籍後初の実戦デビューを飾った。
 
 久保はファーストタッチで鋭くサイドへ抜け出し、確実に味方のパスを足下に収めて局面を前に進めるなど、随所で堂々たるプレーを披露。実況アナウンサーやスペイン・メディアもそのパフォーマンスに一定に評価を与えた。
 
 そして試合後、久保はミックスゾーンで『Real Madrid TV』の取材に応じ、以下のようにインプレッションを語った。
 
「マドリーでデビューできたことは嬉しいです。ただ、勝たなければいけない試合だったので、結果についてはガッカリしています」

 
 ハーフタイム、ジネディーヌ・ジダン監督が久保に送ったメッセージも明らかになった。「自信を持ってプレーするんだ」と背中を押され、「2タッチでプレーすることを心掛けて、最後の30メートルのところでは勝負を仕掛けて、フィニッシュまで持っていこう」と具体的な指示も得たという。
 
 さらに久保は、日本でのフィーバーぶりについても問われ、こう答えている。
 
「ヨーロッパでプレーする日本人選手は少ないですし、マドリーでは僕だけです。やはりそこに期待を掛けてしまうのは当然だと思いますし、そうしたファンの情熱を僕自身も歓迎しています。もっとたくさんの日本人選手がヨーロッパに来れるように、僕が“モデル”になれればと思う。マドリーは世界中に本当に多くのファンがいる。それは僕を駆り立てるモチベーションになっています」
 
 マドリーのICC次戦は、現地7月23日のアーセナル戦。ふたたび背番号「26」の躍動に期待したい。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ