FC東京が敵地で清水を破り首位堅持! MF大森のゴラッソで先制、日本代表FW永井は今季7点目

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月20日

清水はドウグラスが果敢に狙うも…

今季7点目となる追加点を奪ったFC東京の永井。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグは7月20日、20節の8試合を各地で開催。IAIスタジアム日本平では、清水エスパルス対FC東京の一戦が行なわれ、FC東京が2対0で勝利を収めた。

 清水の篠田善之監督、FC東京の長谷川健太監督、両指揮官の古巣対決となった試合は、序盤からゴール前のスリリングなシーンが見られる展開となったが、先にペースを掴んだのは清水だった。

 8分、ドウグラスのスルーパスに抜け出した北川航也がGK林彰洋と1対1に。しかしゴール左を狙ったシュートは林の好守に遭い、ゴールには至らない。さらに清水は13分、CKからドウグラスが豪快なオーバーヘッドシュートを放つが、これも林のビッグセーブによって阻まれた。

 ピンチを凌いだFC東京は16分、ペナルティエリア右でボールを受けた大森晃太郎が中央へ持ち出し、左足を一閃。豪快なミドルシュートが清水ゴールに突き刺さる。大森の鮮烈なゴラッソでFC東京が先制した。

 先制点からペースを握り始めたFC東京は30分、室屋成の右からのクロスでチャンスを広げると、ディエゴ・オリヴェイラのシュートのこぼれ球に永井謙佑が反応。至近距離から押し込んでネットを揺らす。日本代表FW、永井の今季7点目でFC東京がリードを2点に広げる。

 アウェーチームの2点リードで迎えた後半も一進一退の攻防となるが、スコアは動かず。結局、2対0でFC東京が敵地で清水を下し、勝点3を積み上げた。FC東京は勝点を42に伸ばし、2位横浜に勝点3差をつけて首位をキープした。一方の清水は同22の14位にとどまっている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ