安部裕葵が加入するバルサBはどんなチーム?――メッシ、イニエスタら名手を輩出も近年は…

カテゴリ:メガクラブ

下村正幸

2019年07月12日

一時はトップチームの大半をカンテラーノが占める

バルサ移籍が確実となった安部。まずはBチームで研鑽を積む。(C)Getty Images

画像を見る

 7月12日、鹿島アントラーズに所属する日本代表MFの安部裕葵が、バルセロナに完全移籍することが確実となった。クラブ間で合意に達したと鹿島が発表した。

 安部がプレーするのは、スペインの2部Bリーグ(実質3部)に属しているバルセロナBだ。これまでも数々の名手を輩出してきたバルサのカンテラ(下部組織)の最上位にあるのが、このBチームだ。

 2010年、バルサはこの世の春を謳歌していた。現役時代にカンテラ出身の生え抜き選手として活躍し、監督としてもバルサBから内部昇格したジョゼップ・グアルディオラ監督の下で、クラブ史上最強ともいえる黄金時代を形成。その年のバロンドールは、リオネル・メッシ、アンドレス・イニエスタ、シャビの3選手がトップ3を独占した。いずれも、カンテラーノ(下部組織出身者)だ。

 ほかにも当時のチームにはカルレス・プジョール、ビクトール・バルデス、セルヒオ・ブスケッツ、ペドロ・ロドリゲスらがいて、バルサB出身の選手が大半を占めていた。
 
 しかしその頃を頂点に、バルサ・カンテラの栄光は陰りを見せる。甚大なダメージをもたらしたのが、14年の18歳未満の選手の獲得・登録に関する不正に対するFIFAによる処分だ。その対象は、トップチームはもちろん、カンテラの各チームにも及び、該当する選手は公式戦への出場が禁止された。その中のひとり、久保建英は退団を余儀なくされたのだった。

 当然ながらバルサBは、戦力の弱体化を招いた。やむなく、フロントが行なったのが即戦力の補強だ。2部への昇格・定着を目標に掲げて、レンタル移籍も多用して国外問わず20歳以上の選手をかき集めた。しかしその代償として、チームの平均年齢が上昇するとともに、マシア(バルサのカンテラの総称)で育った純粋培養のカンテラーノの居場所がなくなるという事態を招いた。

 しかも、それが結果に繋がっているといえば決してそうではなく、16-17シーズンに2部昇格を果たすも、わずか1年で2部B降格の憂き目に遭っている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月18日発売
    2019-2020シーズン
    ヨーロッパ主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    WCCFシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ