ミランの主砲が背番号を変更! F・トーレスやイグアインも苦しんだ「9番の呪い」に終止符を打てるか?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月10日

パットは背番号変更後に得点力が…

背番号を変える決断を下したピオンテク。彼が新たに背負うのは、名立たる名手が苦戦してきた「9番」だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間7月9日、ミランが新シーズンに向けて始動した。

 UEFAのファイナンシャルフェアプレー違反でヨーロッパリーグ出場権を失ったイタリアの名門は、サンプドリアからマルコ・ジャンパオロを招へいし、セリエAでの復権とチャンピオンズ・リーグ出場に燃えている。

 そのなかで期待されているのが、昨シーズン途中にジェノアから加わったクシシュトフ・ピオンテクだ。類まれなる決定力でゴールを量産してきたポーランド代表のストライカーは、ミランで初のフルシーズンでエースの重責を担う。

 そのピオンテクが、背番号を変えたことが分かった。9日、自身のSNSで、19番ではなく、新シーズンからは9番で戦うと明かしている。

 この知らせに、眉をひそめたミラニスタも少なくないだろう。近年のミランで背番号9を託された選手は苦戦が続いているからだ。

 2012年にフィリッポ・インザーギが引退して以降、ミランで9番を背負ったのは8人いる。アレッシャンドレ・パット、アレッサンドロ・マトリ、フェルナンド・トーレス、マッティア・デストロ、ルイス・アドリアーノ、ジャンルカ・ラパドゥーラ、アンドレ・シウバ、そしてゴンサロ・イグアインである。

 パットはミランで一定の数字を残したが、背番号7時代は155分ごとに1点を記録していたものの、インザーギから9番を受け継いでからは、171分ごとに1点とペースが落ち、半年後にチームを去ることになった。

 マトリやF・トーレス、デストロ、イグアインも、半シーズンでミランから消えた。ラパドゥーラ、A・シウバは1年。レンタルから戻った後者はミランでプレシーズンを始めたが、去就は不透明だ。L・アドリアーノも1年半で6得点しかあげられなかった。

 F・トーレスやイグアインのような、メガクラブでの実績もある名だたるストライカーたちを含め、7年間で8人もの選手が、「ミランの9番」として苦しんだのだ。ゆえに、最近では「9番の呪い」とも言われている。

 新たに9番を選んだピオンテクは、その「呪い」に終止符を打てるのか。なお、昨シーズン途中にミランに移籍してから、ピオンテクはセリエAで18試合に出場して、9得点をマークしているが、ラスト7試合では1得点に終わっている……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ