“汚職発言”で物議を醸すメッシが粋な行動! 故郷ロサリオでホームレスに食事や飲み物を提供

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月10日

「少しでも恩返しするために…」

コパ・アメリカでは、そのパフォーマンスが失望を買ったメッシ。故郷の人々への計らいが話題を呼んでいる。 (C) Getty Images

画像を見る

 サッカー界随一のスーパースターの粋な行動が脚光を浴びている。

 現地時間7月9日、アルゼンチン紙『Ole』をはじめとする複数メディアが伝えたところによれば、バルセロナに所属するリオネル・メッシが、自営するレストランにホームレスを招き、温かい食事と一時的に雨露をしのぐ場所を提供しているという。

 記事によると、企画を提案したのは、メッシがオーナーを務めている故郷ロサリオのレストラン『VIP』のスタッフたちだったという。現在、アルゼンチンは寒波に見舞われており、ホームレスたちの身を案じての発案だったようだ。

 メッシはこの要請を快く承諾。『VIP』のマネージャーであるアリエル・アルマダ氏は、「もう15日くらい続けているよ。毎晩19時から21時の間にスープやコーヒー、ソフトドリンク、ワインも提供している。多くの人がやってきて、とても有難がってくれた」とし、次のようにコメントしている。
「このアイデアは地元の人たちとの日々の話し合いで生まれたもので、我々がメッシとその家族に伝えると、提案を受け入れてくれた。ここ最近のロサリオはとても冷え込んでいるからやることにした。

 ここに(ロサリオ)何人のホームレスがいるのかは分からないし、どれほど続くかのかも分からない。おかげさまで我々のビジネスは拡大しているので、ロサリオに少しでも恩返しできればと思っている。最も助けを必要としている人たちを通じてね」

 幼少期に天賦の才を買われてバルセロナへ渡ったメッシだが、2017年7月に幼馴染のアントネラ・ロクソさんとロサリオで結婚式を挙げるなど、故郷への思い入れは人一倍だ。過去には、地元の名門ニューウェルスでのプレーを仄めかしたこともある。

 先のコパ・アメリカでは「レフェリーによる汚職が台無しにした」という辛辣な発言をし、世界的なバッシングを受けたメッシ。だが、故郷でのこの振る舞いには称賛の声が上がっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ