コパ・アメリカは来年も開催。35歳になるペルーの英雄が“歴代最多”の金字塔に挑む

カテゴリ:ワールド

石川聡

2019年07月09日

通算3得点で並ぶも、大会得点王はエベルトンの頭上に

決勝でもPKで1点を決め、いぶし銀の輝きを放ったゲレーロ。コパ・アメリカでの通算得点数は14で、現役最多だ。(C)Getty Images

画像を見る

 コパ・アメリカ2019で44年ぶりの決勝進出を果たし、ブラジルに1-3で敗れたペルー代表が現地7月8日早朝に帰国した。南米サッカー連盟(CONMEBOL)の公式サイトによれば、首都リマのホルヘ・チャベス国際空港には約300人のファンが詰めかけ、健闘した英雄たちを熱狂的に出迎えた。
 
 ただし、ペルーの地元紙『LIBERO』紙によれば、この一行の中にパオロ・ゲレーロ、ミゲル・トラウコ、アレクサンデル・カジェンスの姿はなく、それぞれの所属クラブに合流するため、搭乗しなかった模様だ。3人はそれぞれインテルナシオナウ、フラメンゴ(ともにブラジル)、ニューヨーク・シティ(アメリカ)に所属している。
 
 ブラジルではコパ・アメリカ開催のため、全国選手権のセリエAが中断していたが、7月13日に再開する予定。現在、9節を終えてパルメイラスが8勝1分け、勝点25で首位に立ち、これをサントスが同20で追っている。さらにフラメンゴが同17、インテルナシオナウが同16で続いている。
 
  エースストライカーのゲレーロは、ブラジルとの決勝で一時は1-1と追いつく同点ゴールをPKで決め、ブラジルのエベルトンと並ぶ今大会最多タイの3得点とした。しかし、得点王の表彰を受けたのはエベルトン。これは得点数が同じ場合は、アシスト数で得点王を定めるという規定のため。アシストかどうかは、CONMEBOLテクニカルスタディーグループの判断による。
 
 CONMEBOL公式サイトの記録によれば、エベルトンには5-0で大勝したグループリーグ最終戦のペルー戦で、ウィリアンの決めたチーム5点目にアシストがついている。一方のゲレーロも3-1で勝った同じくグループリーグのボリビア戦で、ジェフェルソン・ファルファンの逆転ゴールを左からのクロスでお膳立てしたように見えたが、アシストには認定されていない。マークに来た相手選手に蹴ったボールが当たったとされた可能性がある。また、これが認められていたとしても、次は出場時間の長さが基準となり、やはり得点王はエベルトンの頭上に輝いていた。エベルトンは343分間、ゲレーロは505分間だったからだ。

 
 それでもゲレーロは、2011年、2015年大会に続き、3度目の大会最多得点者となった。過去2回はそれぞれ5点、4点(チリのエドゥアルド・バルガスとタイ)をマークしている。大会通算では歴代5位となる14得点に伸ばし、現役選手としては最多記録となった。
 
 歴代最多はノルベルト・メンデス(アルゼンチン)とジジーニョ(ブラジル)の17点。コパ・アメリカは来年もコロンビアとアルゼンチンの共同開催で行われるため、35歳のゲレーロが代表でのキャリアを続ければ記録更新の可能性もある。
 
 なお、次回のコパ・アメリカは招待国のカタール、オーストラリアを含め、今回と同じ12か国が参加。北のコロンビア、南のアルゼンチンでそれぞれ6か国ずつ1回戦総当たりのグループリーグが実施される。北ではブラジル、コロンビア、ベネズエラ、エクアドル、ペルー、招待国が、南ではチリ、ウルグアイ、アルゼンチン、パラグアイ、ボリビア、招待国が戦うことが決まっている。
 
文●石川 聡
【関連記事】
「ブラジルが勝つために審判がいる」「汚職のせい…」疑惑の退場にブチ切れたメッシが表彰式をボイコット!
「あえて不正とまで言うならば…」躍進ペルー代表の指揮官が同胞メッシの“爆弾発言”にモノ申す!【コパ・アメリカ】
「理解に苦しむ」「奇妙な判定」メッシの一発退場にアルゼンチン代表監督の不満が爆発!チリ陣営も…【コパ・アメリカ】
【三浦泰年の情熱地泰】コパ・アメリカ編|誰もがしんどい3位決定戦。だからこそ、退場も挑発もレッドもあってはいけなかった…
「不正を疑ったものだよ」44年前のセレソン主将が振り返る、ペルーとの浅からぬ因縁とは?【コパ・アメリカ決勝】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ