「あえて不正とまで言うならば…」躍進ペルー代表の指揮官が同胞メッシの“爆弾発言”にモノ申す!【コパ・アメリカ】

カテゴリ:ワールド

石川聡

2019年07月08日

注目される母国代表監督就任については

下馬評の低かったペルー代表をコパ・アメリカ決勝にまで導いたガレカ監督。同胞メッシの問題発言に対しては、選手に敬意を払いつつも苦言を呈した。(C)Getty Images

画像を見る

 現地6月14日に開幕したコパ・アメリカ2019は7月7日にリオデジャネイロのマラカナンスタジアムで決勝が行なわれ、ブラジルがペルーを3-1と下して2007年大会以来、9度目の優勝を遂げて幕を閉じた。
 
 試合終了後、記者会見場に姿を現わした「ティグレ(タイガー)」の異名を持つペルーのリカルド・ガレカ監督に、まず質問したのはアルゼンチン人の記者。アルゼンチン代表監督就任の意志について訊いたのだ。これに対し、ガレカ監督は次のように答えた。
 
「母国には大いに敬意を払っているし、愛している。しかし、私にすべてすべてを与えてくれた国との契約がある。私は契約を重んじているし、その契約は2021年まである。それまでは責任を果たしたい」
 
 今大会では3位に入ったものの、1993年以来の優勝を逃し、同時に26年間、メジャータイトル獲得から遠ざかっているアルゼンチン代表。リオネル・スカローニ暫定監督が契約のある年内いっぱいの指揮に意欲を示したとはいえ、ガレカ監督は喉から手が出るほど欲しい人材だろう。だが、現時点ではペルー代表監督を続けることしか頭にないようだ。2021年までの契約は、ワールドカップ予選を突破すれば、カタールで大会が開催される2022年まで自動的に延長されるという。

 
 ブラジルとの決勝については「こちらが主導権を握る時間帯もあったが、(ブラジルの)チッチ監督にうまく対応されてしまった」と振り返る。
 
 1点を追って後半に入ったペルーは攻勢を強め、ブラジルは70分にガブリエウ・ジェズスが2度目の警告で退場処分。チッチ監督はすかさず、75分にロベルト・フィルミーノからリシャルリソン、77分にフィリッペ・コウチーニョからエデル・ミリタン、そしてアディショナルタイム3分にはエベルトンからアランという交代策で「試合を落ち着けてしまった」(ガレカ監督)。こうした試合巧者ぶりに「ブラジルは正当な勝者」と称えることも忘れなかった。
 
 さらに、前日のチリとの3位決定戦で退場処分となり、南米サッカー連盟(CONMEBOL)に対して溜まっていた不満をぶちまけたリオネル・メッシにも一言。
 
「メッシは世の中で認められている人間だ。選手や周囲の人びとにしっかりと敬意を払っている。しかし、南米が不正に満ちているとは思われたくない。欧州にはいいものがあるだろうが、われわれ南米にもいいところはある。私は南米サッカーを擁護したい。あえて不正とまで言うなら、確固とした証拠を示さなければならない」と、同胞の言動にくぎを刺した。
 
取材・文●石川 聡

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ