川崎、またもホームで白星ならず。中村憲剛が戦線復帰するも、鳥栖の堅守に苦しみスコアレスドローに

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月07日

最後はCBのジェジウを前線に上げたが…

中村は64分から途中出場したがゴールには絡めなかった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1リーグ18節の川崎フロンターレ対サガン鳥栖が7日、等々力陸上競技場で行なわれ、0-0の引き分けに終わった。
 
 雨のなか行なわれた試合は、ボール支配力で上回る川崎が優勢に進めた。鳥栖が中央を閉めて守備を固めてきたにも関わらず、ホームチームはタイミング良くバイタルエリアにくさびを打ち込み、小林のポストワークからチャンスを作る。
 
 立ち上がりの4分には、小林のパスを受けた長谷川がダブルタッチでDFをかわしてシュート。32分には巧みなワンツーでエリア内に侵入し、41分には脇坂がエリア内で右足を振り抜く。しかし、いずれもゴールには至らずに、0-0で前半を終えた。

 後半に入ると、鳥栖が53分にF・トーレスを下げて豊田を投入する。一方の川崎は負傷した大島に代えて57分に守田を起用し、64分には約1か月ぶりに戦線復帰した中村を送り出した。
 
 ホームで勝点3が欲しい川崎は79分に阿部を入れて、さらに攻撃の手を強める。しかし、人数をかけて守備を固める鳥栖を崩しきれない。試合終盤の88分には家長のクロスを小林がヘッドで合わせるも、シュートはGKの正面に。最後はCBのジェジウを前線に上げてパワープレーを仕掛けたが、結局そのまま0-0で試合は終了し、勝点1を分け合った。
 
 川崎はこれでリーグ戦のホームゲームは、4試合連続での引き分け。5節の松本戦から黒星なしと安定感ある戦いを続けているものの、思うように勝点を伸ばせずにいる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ