「理解に苦しむ」「奇妙な判定」メッシの一発退場にアルゼンチン代表監督の不満が爆発!チリ陣営も…【コパ・アメリカ】

カテゴリ:ワールド

石川聡

2019年07月07日

メッシはキャリア2度目の退場

3位になったものの、スカローニ監督の判定に対する怒りは収まらなかった。(C)Getty Images

画像を見る

 ブラジルで開催されているコパ・アメリカは現地時間7月6日、サンパウロのアレーナ・コリンチャンスで3位決定戦が行なわれ、アルゼンチンがチリに2-1で競り勝った。

 リオネル・メッシ(アルゼンチン)、ガリー・メデル(チリ)の両キャプテンが退場処分となったのをはじめ、アルゼンチンに4度、チリに3度の警告が与えられるなど、非常に荒れた試合となった。
 
 試合の結果よりも、メッシが2005年の代表デビュー戦以来となるレッドカードを出された一戦として記憶に残るだろう。アルゼンチンの縦パスを、メデルが身体を盾にしてゴールラインを割らせ、ゴールキックにしようとした。これに猛然とチャレンジしたのがメッシだ。後方からこのチリの小兵CBに接触したように見えた。

 ボールがラインを越えると、メデルが抗議するようにメッシに詰め寄る。背番号10も受けて立ち、互いに何度か胸をぶつけ合うと、走り寄ってきた両チームの選手で大混乱。パラグアイ人のマリオ・ディアス・デ・ビバール主審はレッドカードを突きつけた。
 
 これが37分。その前にも伏線となるようなシーンがあった。25分頃、中盤のタッチライン近くでメッシがメデルの後方からのタックルに倒され、やはり両軍が入り乱れる事態となった。この時は異議を唱えたチリのアルトゥーロ・ビダルにイエローカードが出されている。
 

 メッシとメデルの退場処分については当然、試合終了後の会見場で両監督に意見が求められた。アルゼンチンのリオネル・スカローニ監督は、「メッシの場合ははっきりしている。映像を見たが、なぜ退場に値するのか全く理解に苦しむ」と語気を強めた。

「主審の決定は非常に速く、とても奇妙なものだった。さらに悪いのはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)で修正しなかったことだ」と不満を語り、VARについても「(使用の)基準が分からない」と不信感を募らせている。
 
 一方、チリのレイナルド・ルエダ監督も、「メッシとメデルの退場は正しくない。試合の中では普通に起きるたぐいのものだ」と、主審の判定に疑問を呈した。

「しっかりコントロールしていた試合だが、主審の判定によってチームの集中力が奪われてしまった」とも付け加えた。ただし、12分に許した先制点については、「われわれの未熟なところ」とコメント。メッシが素早くFKを蹴り、抜け出したセルヒオ・アグエロがGKとの1対1を制して決めた場面を、敗軍の将はそう振り返った。

取材・文●石川聡

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ