「世界最悪のタトゥー」「ただ、酷い…」英紙がベッカムらプレミアリーグスターの入れ墨を特集!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月28日

あらゆるスターのタトゥーを一挙紹介!

ベッカム(左)、レンジャー(右)……。タトゥーのデザインは選手によって様々だ。 (C) Getty Images、(C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 リバプールの14年ぶりのチャンピオンズ・リーグ制覇とともに2018-19シーズンは幕を閉じ、欧州のクラブシーンは束の間のオフを迎えている。

 閉幕から約1か月の時が経ち、各クラブの来る新シーズンに向けたチーム強化が少しずつ始まり、移籍市場が少しずつ熱を帯び始めるなか、英紙『The Sun』は、サッカー界を彩るスターたちの特集を組んだ。ピックアップしたのは、選手たちの身体に刻まれた「タトゥー」だ。

 「世界最悪のタトゥーを入れた世界最高のフットボーラーたち」と銘打たれたこの特集は、引退したレジェンドを含め、おもにプレミアリーグにゆかりのある選手たちのそれに焦点を当てている。

 最初にピックアップされたのは、イングランド代表GKのジョー・ハートだ。

 2011-12シーズンにマンチェスター・シティの44年ぶりのトップリーグ制覇に大きく貢献し、イングランド代表でも長らく正守護神を務めた名手は、今月頭に自らの右肩に甲冑のような真っ黒のペインティングを施して話題を呼んだ。

 同紙は、そんなハートの斬新なデザインについて、「彼の右肩にはインクが大量に詰まっている。目が痛くなるほどに黒光りしたタトゥーは最低レベルだ」と酷評。だが、このタトゥーをインスタグラムで公開した当人は、「みんなに好かれないことは分かっている。でも、僕は気に入っている」と満足げだった。

 さらに『The Sun』は、イングランド・サッカー界の大物レジェンドにも切り込んでいる。かつてマンチェスター・ユナイテッドと同国の代表でカリスマ的人気を博したデイビッド・ベッカムだ。

 現役引退から6年が経ち、今や世界中から愛されるファッションアイコンにもなったベッカムの身体には、ありとあらゆるタトゥーが彫られている。そのなかで同紙が取り上げたのは、彼の首から左側頭部に刻まれた植物だ。次のように寸評を綴っている。

「世界的なファッションアイコン、そして偉大なミッドフィールダーとして彼は常に称賛を浴びてきた。だが、そんなベックス(ベッカムの愛称)も過去にコーンローヘアーや日焼けサロン、そして全身をレザー素材で固めた服装で出てくるなど、いくつかの失敗も犯している。この頭に彫られた動植物の複雑すぎるタトゥーは、過去の過ちに匹敵するレベルで、『やめるべきだ』と我々は言いたい。彼は他にも40種類を超えるタトゥーを彫っているが、これは最も奇妙なうちのひとつだ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ