「まさに神だ!」世界的流行の“ボトルキャップチャレンジ”に挑んだイブラヒモビッチとポグバにファン感嘆!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月06日

SNSで流行するトレンドにいち早く乗ったのは…

ユナイテッドでチームメイトだった時には兄弟のように仲の良かったイブラヒモビッチ(左)とポグバ(右)。そんな二人が話題のチャレンジに挑戦した。 (C) Getty Images

画像を見る

 SNSでいま話題となっているボトルキャップチャレンジ。その流行はサッカー界にも拡散しており、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチとフランス代表MFポール・ポグバの応酬が話題を呼んでいる。

 そもそもボトルキャップチャレンジの火付け役となったのは、総合格闘技の選手たちで、回し蹴りで瓶やペットボトルの蓋を開け、次のチャレンジャーを指名するというものだ。数年前に流行したアイスバケツチャレンジやマネキンチャレンジと同様の余興だ。

 これが多くの人々の間で流行し、各界へ広まりを見せる中、サッカー界でいち早くトレンドに乗ったのがイブラヒモビッチだった。

 テコンドーの有段者であり、抜群の身体能力を持つ“サッカー界のライオン”は、5日に自身のSNSで動画を公開。鮮やかな動きからの回し蹴りを披露し、見事にボトルの蓋を開けることに成功している。
 
 これにファンも感嘆し、「もうイブラチャレンジに名前を変えよう」や「彼に出来ないことはない」、「まさにGOAT(神)だ」、「偉大過ぎる獣にとっては簡単すぎた」といったコメントが数多く寄せられた。

 そんなイブラヒモビッチが「次はお前だ」と指名したのが、マンチェスター・ユナイテッド時代に、いわば弟分のようにかわいがっていたポグバだった。

 フランス代表MFは、これにすぐさま反応。6日に自身のインスタグラムを更新し、「イブラヒモビッチ、指名ありがとう。俺はポグタッチを取り入れた」と綴って、チャレンジの様子を公開した。

 圧巻だったのはポグバが2本のボトルの蓋を同時に開けたことだ。これには蹴った本人もドヤ顔を浮かべた。ファンからも「これは誰もやってない」、「イブラにプライドを示したな」、「君も神だ」といったコメントが寄せられ、かなりの反響を呼んでいる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ