「1番を譲ってくれたけど…」ユーベ復帰のブッフォンはなぜ「77番」を選んだのか?

カテゴリ:移籍情報

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月05日

キャプテン就任の要請も断る

ユーベ復帰が決定したブッフォン。19年ぶりに77番を纏う。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間7月4日、元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンは、ユベントスと2020年6月30日までの1年契約を結んだ。昨夏にパリ・サンジェルマンへと移籍した41歳の大ベテランが、1年で古巣に復帰することになった。

 背番号は、退団するまでユーベでつけていた1番ではなく、77番に決定した。イタリア・メディア『Sky Sport』などが報じたところによると、自身の後継者として昨シーズンに正守護神を務めたヴォイチェフ・シュチェスニーが「1番を譲る」と提案したが、ブッフォンはその申し出を断ったという。

「シュチェスニーとキエッリーニが、それぞれ『1番』と『キャプテンマーク』を譲ると言ってくれた。そのことには感謝している。だけど、僕は誰かから何かを奪うために、ここに戻ってきたんじゃない。

 ユーベのために、少しでも貢献したいだけなんだ。正ゴールキーパーのシュチェスニーが1番をつけるのは当然だし、キエッリーニは、キャプテンに相応しい偉大な選手だ」

 では、なぜ77番という重たいナンバーを選んだのか? ブッフォンは次のように明かしている。
 

「77番は僕の歴史を表しているんだ。(プロデビューを飾った)パルマでこの背番号をつけた。そして幸運をもたらしてくれたんだ。本当にこのナンバーが好きだし、本来は“不可能な番号”をクラブが与えてくれて、満足しているよ」

 ブッフォンは、パルマ時代に1シーズン(00-01)だけ77番を背負っているが、これにはこんな経緯がある。当初希望していたのは88番だったが、ナチスを連想させる(88=HHはハイル・ヒトラーのイニシャルとなる)として問題となったのだ。

「ナチスなんて滅相もない。ボールが2つという意味で00を希望したんだけど、リーグに認められず、88番にしようと思ったんだ。8もボールが2つだからね」

 そう弁解したブッフォンが、代わりに選んだのが77番だった。そして、そのシーズン終了後にユーベ移籍が叶ったため、「ラッキーナンバー」と感じているのかもしれない。

 ユーベは本来、大きな背番号を選択するのを認めていないようだが、ブッフォンが「“不可能な番号”を与えてくれた」と語ったように、特例で許可したようだ。

 再び「77番」が幸運をもたらすのか。ユーベのファンは、この新ナンバーをつけてピッチに立つジジ(ブッフォンの愛称)の姿を、一刻も早く見たいところだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ