メッシもゼロ封! ブラジル代表GKアリソンが103年の歴史を誇るコパ・アメリカ史上初の“偉業”達成へ

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月04日

昨シーズンから846分間無失点を継続中

横っ飛びでメッシ(10番)のFKをキャッチしてみせたアリソン。その存在感は際立っていた。 (C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 ブラジルの守護神が偉業を成し遂げようとしている。

 現地時間7月2日に行なわれたコパ・アメリカ準決勝で、アルゼンチンと対戦したブラジルは2-0で完勝。2007年のベネズエラ大会以来となるファイナリストとなった。

 19分にガブリエウ・ジェズスが先制点を決め、71分にロベルト・フィルミーノのダメ押しゴールで追いすがるアルゼンチンを突き放したブラジル。その盤石の戦いぶりを支えたのが、“最後の砦”であるGKアリソンだ。

 落ち着いたボール捌きでチームのビルドアップをサポートすれば、セービングでも抜群の安定感を発揮。とりわけ、相手エースのリオネル・メッシが放った鋭いFKをガッチリとキャッチして止めた66分のシーンは、追いすがるアルゼンチンに精神的なダメージを与えるような完璧なシュートストップだった。

 2018-19シーズンにリバプールでプレミアリーグトップのシュートストップ率を記録するなど、圧倒的なパフォーマンスを披露したアリソン。今大会でも好調を維持している名手には、とある大記録樹立の可能性が残されている。

 ここまで5試合の失点が、なんと「0」、今月7日に行なわれる決勝でも完封勝ちを収めれば、103年の歴史を誇るコパ・アメリカで史上初となる無失点優勝という偉業を達成するのだ(※2001年大会でコロンビアが無失点優勝はしているが、この時はGKが3人起用されている)。

 さらにスポーツのあらゆるデータを取り扱う『Opta』によれば、アリソンは、昨シーズンのプレミアリーグ第37節のニューカッスル戦でサロモン・ロンドンに決められて以降、公式戦では9試合連続、時間にして846分間も無失点を維持しており、来る決勝では10試合連続完封が期待されている。

 果たして、アリソンはコパ・アメリカ優勝とともに大記録を残せるのか。チリとペルーの勝者を迎える7日の決勝でのパフォーマンスから目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ