「これは不快」「宣戦布告だ!」女子W杯決勝進出のアメリカ、ゴラッソを決めたエースのセレブレーションが物議!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月03日

「スポーツマンシップに反する」と物議

何かを片手にし、それを飲み干すようなパフォーマンスを見せたモーガン。その振る舞いが問題となっている。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間7月2日に行なわれた女子ワールドカップ準決勝は、ディフェンディングチャンピオンのアメリカがイングランドを2-1と下し、オランダとスウェーデンの勝者と対戦する7日に行なわれる決勝に駒を進めた。

“スパイ騒動”も話題となった一戦は、先制しながらも追いつかれたアメリカが、31分にアレックス・モーガンのゴールで勝ち越し、そのまま逃げ切った。

 試合後、決勝弾を決めた直後にモーガンが見せたゴールセレブレーションが、思わぬ議論を呼んでいる。英紙『Guardian』などが報じている。

 得点後、右手で紅茶を飲むようなパフォーマンスを見せたモーガン。その意図は不明で、本人は「(ミーガン・ラピノーが)いろいろなセレブレーションをしても何も聞かれないのに、私の時はみんな知りたがるのね」と述べている。

 この日がモーガンの30回目の誕生日だったことも関係しているかもしれない。ただ、イギリスが「紅茶の国」なのは周知のとおりで、相手への挑発とも捉えられる。
 いずれにしろジェスチャーに不快感を覚えたイギリス人がいるのは当然だろう。実際、ピアーズ・モーガン記者は、「紅茶の飲み方じゃない」、「我々が勝ったら選手たちにはビッグマックとポテトのLを食べるマネをしてほしい」とつぶやいた。

 アメリカでも、マーサ・マッカラム記者が、「(アメリカに)勝ってほしいけど、これはスポーツマンシップに反すると思う。無礼じゃないかしら」とツイート。モーガン記者はこれに「宣戦布告みたいなもの」と反応している。

 試合の中継を担っていた『beIN SPORTS』の番組に出演した元イングランド代表のリアネ・サンダーソンは、「モーガンには自由に喜ぶ権利がある」としたうえで、「不快だ」と批判した。

 優勝候補の呼び名にふさわしく、3大会連続となる決勝進出を果たしたアメリカだが、大会初戦でタイを13-0と粉砕した時も、大勢が決まった中でゴールを喜び続けたことが物議を醸すなど、王者に見合う振る舞いを求める声もあるようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ