【磐田】自ら身を引いた名波浩が「歴代ジュビロ監督では一番」と自負するものとは?

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年07月01日

『まだ、やるよな?』『やります、前向きです』

チームを良くしよう、強くしようと、選手たちと一緒にサッカーと向き合った。それは何ものにも代え難い充実した日々だった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 6月30日のJ1第17節・川崎戦の試合後、磐田の名波浩監督が辞任を表明した。
 
 17節終了時点で、3勝5分9敗の勝点14で最下位。チームを思うように勝たせられなかった。選手たちに気持ち良くサッカーをさせてあげられなかった。ファンやサポーターに感動を届けられなかった。そうしたことに責任を感じて、自ら身を引いた。
 
 やり切ったのか、まだ心残りがあるのか。名波は「やり切ったなんて一切思っていないです」ときっぱりと言う。そして、愛すべきクラブでの日々を次のように振り返る。
 
「監督として就任させてもらってから、何ものにも代え難いサッカーの日常というか、そういうものの充実感がものすごくありました。苦しい時期ももちろんありましたけど、選手とともに、チームを良くしよう、強くしようと思えた時間が長かった。歴代ジュビロ監督では一番だなというふうに自負はしています」
 
 思うように結果を出せなかったかもしれない。ただ、名波にとっては幸せな日々だったはず。その日々を無駄にするつもりはない。
 
「これからの僕のサッカー人生もまだまだ続きます。昨日も、あるJリーグの監督の方に、これ(辞任)を伝えた時に、『まだ、やるよな?』と言われて、即答で『やります、前向きです』と伝えました。自分が成長するための素晴らしい時間だったし、ここでのかけがえのない時間を、次にまたプラスアルファに変えていかないと、何の意味もないので。今はそういう気持ちでいます」
 
 気丈に前を向く名波の次なるチャレンジと、その成功を祈りたい。それは間違いなく、ジュビロでの日々があったからこそのものだから。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ