「ホッとした」「非常に苦しい1週間だった」残留を決めた磐田の名波監督が偽らざる本音を吐露

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月08日

「残留争いを勝ち上がったのではなく、どっぷり残留争いに足を踏み入れてしまった」

名波監督は非公開練習も実施して選手たちをまとめ上げ、J1参入POを制した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1参入プレーオフ決定戦]磐田2-0東京V/12月8日/ヤマハ
 
 ジュビロ磐田がJ1参入プレーオフ決定戦を制し、J1残留を果たした。東京ヴェルディを迎えたホームゲームで2-0の勝利。41分に小川航基が自ら獲得したPKを沈め、80分に田口泰士が直接FKを突き刺して勝負を決めた。
 
 試合後のフラッシュインタビューに応じた名波浩監督は、「もちろん、ホッとしている」と安堵の表情を浮かべつつ、「残留争いを勝ち上がったのではなく、どっぷり残留争いに足を踏み入れてしまったなかで、こういう戦いをしなければならなかったという立場だった」と反省の言葉を並べた。
 
 磐田は、引き分けでも残留を決められたJ1最終節で川崎フロンターレに敗れ、13位から16位に一気に転落。J1参入プレーオフ行きが決まった川崎戦後は「非常に苦しい1週間でしたし、メンタル的に切り替えるのは難しい状況」(名波監督)だったという。
 実際にこの1週間、名波監督としては異例と言える非公開練習も実施した。これについては、「別に誰かを締め出そうとしたのではなくて、ちょっと公共の電波を通して言えないことなんですが、大した理由はないです。サポーターに見てもらうのがプロアスリートの価値だと思うので、そのチャンスを奪ってしまって申し訳ない」と謝罪し、「でも、結果がついてきたので、また来シーズンもJ1のステージで選手たちができるのは喜ばしいことだと思います」と続けた。
 
 今季のJ1残留争いはJリーグ史上でも類を見ない混戦で、磐田は勝点41を挙げながらJ1参入プレーオフに回った。勝点41という数字は、例年であれば悠々と残留を決められた数字だ。
 
 しかし、名波監督は自らを律するように言葉を紡ぐ。
 
「勝点41で残留争いなんてなかなか難しいシーズンだったね、といろんなところで言われるんですが、後の10、30、50年後には45で残留争いをするシーズンがあるかもしれないのでね。我々はこういうギリギリのなかで残ったという経験を、来シーズン以降のクラブの力に変えていければいいと思います」
 
 残留争いという厳しく苦い経験を糧に、名波ジュビロは2019年に向かっていく。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ