冨安健洋、来週月曜日にボローニャ移籍発表か! 「この青年は熱狂を呼ぶ」と地元紙は早くも絶賛

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月29日

すでにメディカルチェックはパス!

コパ・アメリカで声価を高めた冨安のセリエA挑戦の瞬間が近づいている。 (C) Getty Images

画像を見る

 日本サッカー界期待の大器のセリエA挑戦は、秒読み段階に入ったようだ。

 現地時間6月28日、複数のイタリア・メディアは、ベルギーのシント=トロイデン(STVV)に所属する日本代表DFの冨安健洋がボローニャへ移籍することが決定的となったことを報じた。

 昨夏にアビスパ福岡からSTVVに移籍した冨安は、欧州初挑戦となった2018-19シーズンに公式戦40試合に出場するなど主力として活躍。そのパフォーマンスが評価され、ラツィオやブレーメンなど複数の有力クラブからの関心が取り沙汰されるなど、今夏の移籍市場の人気銘柄となっていた。

 そんななか、弱冠20歳のCBが選択したのは、「最有力」と目されていたボローニャとなったようだ。地元紙『Il Corriere di Bologna』によれば、冨安は現地時間29日に同市内に入り、メディカルチェックを済ませ、「ポジティブな診断結果が出た」という。

 加入が迫る若きサムライ戦士に同紙は、「この青年には大きな期待が寄せられている」とし、次のように綴っている。

「サバティーニ会長はトミヤスをシント=トロイデンから移籍金700万ユーロ(約9億1000万円)に出来高ボーナス付きの5年契約で引き抜き、ラツィオを始めとするライバルとのデッドヒートを制した。この青年は、フィジカル的に逞しく、確かな技術を持っており、さらに人格者であることが特長だ。ボローニャで熱狂を呼ぶことだろう」

 そのほか、『La Gazzetta dello Sport』などによれば、メディカルチェックを無事にクリアした冨安は、現地時間7月1日に正式なサインをかわし、同日中に公式発表をされる見込みとなっているようだ。

 18-19シーズンのセリエAで10位だったボローニャは、インテルなどで活躍した名DFシニシャ・ミハイロビッチ監督の下で攻撃的なサッカーを志向するチームへと変化を遂げた。そのなかで主力DFのリャンコ(トリノへレンタルバック)が抜け、今夏のマーケットでは守備陣の整備がポイントとされていただけに、冨安の加入に対する期待値は高いと言えそうだ。

 来る東京五輪での活躍も期待される日本の若武者が、“守備の国”と言われるイタリアで躍動する日が、刻一刻と迫っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ