【釜本邦茂】レアル入りが決まった久保の進化に期待! W杯予選へ五輪世代の突き上げが楽しみだ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月27日

チリ戦大敗からの立て直しは、大会中もしっかり経験を積めたということ

南米の強豪相手にも存在感を放った久保。入団が決まったレアル・マドリーで、さらなる進化が期待される。(C) Getty Images

画像を見る

 コパ・アメリカのエクアドル戦は残念な結果に終わったね。1対1の引き分けに終わって、グループリーグを勝ち抜くことができなかった。南米の強豪3か国を相手に、最後まで食い下がったという意味ではよくやったと言えるかもしれないが、冷静に見れば世界との差を痛感させられたよ。

 
 もちろん、若い選手たちが随所に自分たちの個性を発揮して、スタンドを沸かせていた。中島や久保の個人技は言うまでもなく、相手も警戒するほどのレベルだったし、上田は幾度となく決定的なチャンスに絡んでいた。第3戦では前田もスピードを活かした抜け出しだけでなく、ファーストディフェンダーとしても有効に機能していた。とにかく南米のA代表相手にもやれるところを見せてくれたのは収穫と言える。
 
 とはいえ、グループリーグを勝ち抜けなかったのは、それなりの理由があったからに他ならない。その筆頭に挙げられるのが、やはり決定力の欠如だ。日本はチャンスを作り出す力はあったが、それをゴールへ決め切る力強さに欠けていた。
 
 当然、今までプレーしていた環境とは異なるプレッシャーの強さ、速さがあるだろうから、シュートの場面で慌ててしまうのもよく分かる。トラップした時に自分の一番良い形に持っていく、ファーストタッチで最もシュートを打ちやすい、ベストポジションにボールを置くという基本ができていなかった。
 
 強豪国との差は、明らかな違いが見えた“フィジカル”の差と言ってしまえば簡単だが、やはりこのレベルの戦いに慣れているかどうかも大きいのだと思う。大会を振り返れば、初戦のチリ戦で4失点の大敗を喫した日本だが、その後のウルグアイ戦ではディフェンス陣も安定したし、采配も含めてうまく立て直した。試合をこなすごとに良くなっていったのは好材料であるし、大会中もしっかり経験を積めたということだろう。
 
 やはり経験の差は大きい。日本で言えば、今年は久保建英がJリーグでブレイクし、レアル・マドリーに移籍するが、彼もデビュー当初はなかなかチームの戦術にフィットしなかったり、そのテクニックを試合で生かし切れなかったりしていた。だが、徐々に試合を重ねるにつれて能力を発揮するようになり、今季は開幕からずっと使われ続けて、立て続けにゴールを生み出すようになった。さて、これからという時に日本を離れてしまうのは惜しいが、やはり経験やより高いレベルへの適応というものがいかに大事かということだね。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ