「ため息しか出ない結果」「幻想にしがみつくしか…」グループリーグ敗退危機のアルゼンチンに母国紙が嘆き【コパ・アメリカ】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月20日

「計画性はなく、アイデアが出ず、チームとしての姿も見られなかった」

メッシの奮闘も及ばずにパラグアイと引き分けてグループ最下位に沈んでいるアルゼンチン。この窮地を抜け出せるか。 (C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 まるで深いぬかるみに足を取られたかのようなパフォーマンスだった。

 現地時間6月19日に行なわれたコパ・アメリカのグループB第2節で、パラグアイと対戦したアルゼンチンは1-1で引き分けた。

 序盤からボールポゼッションで相手を上回りながらも精彩を欠いたアルゼンチンは、37分にカウンターから失点。その後も、ファイナルサードでの創造性を欠いた攻撃陣は、パラグアイの守備網を突き破れずに時間を浪費した。

 57分にVAR検証の末に獲得したPKを大黒柱のリオネル・メッシが決めて、何とかタイスコアに戻したものの、オープンプレーからの決定機の創出はほぼなく、最後まで勝ち越し点を奪えなかった。

 2試合連続で勝利を逃して得失点差でグループ最下位に沈み、自力突破の可能性が消滅したアルゼンチンは、カタールとの最終節で引き分け以下に終われば、1983年大会以来となるグループステージ敗退の可能性がある。
 
 この体たらくぶりに母国メディアは、怒り、そして嘆いている。全国紙『Ole』は、「計画性はなく、アイデアが出ず、チームとしての姿も見られなかった」と酷評した。

「ため息しかでない結果であり、サッカーだけで説明するのは難しい概念的な失敗が露呈した。アルゼンチンはほとんど何もできないまま、いくつかのフラグを立てながら新しい問題を噴出させるだけだった」

 そして、同紙は62分に守護神のフランコ・アルマーニがPKをストップしたシーンについて、「アルゼンチンがユートピアにいくための“幻想”にしがみつくことを可能した」と決勝トーナメントにいくことが、まるで夢物語であるかのように綴った。

 はたして、アルゼンチンはこのまま浮上することなく大会から姿を消すのか。運命のカタール戦は、現地時間6月23日にキックオフを迎える。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ