「学ばなければいけない」 中島翔哉が惨敗で感じた王者チリとの「違い」【コパ・アメリカ】

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2019年06月18日

チャンスを確実に決め切るしたたかさに違いが

中島は左サイドハーフで攻撃を牽引。しかしチリの守備を崩し切れず、無得点に終わった。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

[コパ・アメリカ/グループリーグ第1戦]日本 0-4 チリ/6月17日/エスタジオ・ド・モルンビー

 日本代表は6月18日(日本時間)、コパ・アメリカの初戦でチリ代表と対戦。大会2連覇中のディフェンディングチャンピオンに0-4の惨敗を喫した。

 東京五輪世代の選手が主体となって挑んだ日本は、序盤こそアグレッシブに仕掛け、チャンスを作っていたものの、41分にCKから先制ゴールを許してから、徐々にチリの圧力に屈していった。

 後半も少なからずシュートチャンスはあったものの決め切れずにいると、54分にエドゥアルド・バルガスに追加点を奪われ、82分、83分には立て続けに失点。チャンスを確実に決め切るチリのしたたかさがスコアに表われたような結果となった。
 
 左サイドハーフで先発出場した中島翔哉は、「しっかりとクロスの質も高い。ボールを奪いに来る迫力もすごくあった。ワンタッチももちろん巧かった」とマッチアップした相手の印象を振り返る。

 とりわけ違いを感じたのは、やはりフィニッシュの精度だという。

「決定力があるのはもちろん最初から分かっていた。そういう決めるところ。決めるべきところに居るポジショニングとか、そういうところは感じました。自分たちも学ばなければいけない」

 中島が言うように、シュートのセンスだけでなく、フィニッシュに至るまでのポジショニングなども含め、格の違いを見せつけられた。ただし、その差を肌で感じられた経験が成長の糧になるのは間違いないだろう。
 
 次戦のウルグアイ戦では、また違った姿を見せられるか。期待したい。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ