金田喜稔がチリ戦を斬る!「決定力の差は歴然。久保はトップ下ではなく右サイドで使うべきだ」

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月18日

上田が決めていれば、違うゲームになっていた

2ゴールを挙げたチリのFWバルガス(左)。決定力の差が勝負を分けた。(C)Getty Images

画像を見る

 結果的には0-4の大敗だったけど、手も足も出なかったというわけではなかった。立ち上がりの15分、チリはハイプレスを掛けてきたけど、よく凌いでいたし、前半はほとんど決定機を作らせなかった。

 ただ、全体的に見てやはり向こうが一枚も二枚も上手だった。サイズは日本の選手と変わらないけど、チリの寄せは早く、南米特有の“身体に近いところでの守備”に苦戦し、ビルドアップがままならなかった。コースを切るだけでなく、ボールを奪いに来るからね。中盤の柴崎と中山がもっと前を向ければ、原と杉岡の両サイドバックがもう少し上がれたんだろうけど。

 逆にチリは、プレッシャーを掛けられても動じなかった。周りの選手に強いパスを出しても、トラップが上手くて足下にボールを収めてしまう。その差は大きかった。
 
 41分のコーナーキックからの失点は悔やまれるね。ブルガルのマークに付いていた中山は完全に先に飛ばれて、先制ゴールを決められてしまった。あれだけ打点の高いヘッドを持っている選手なんだから、植田か冨安が見る形にできなかったのかな。

 逆にその直後のチャンスで、柴崎の完璧なパスを受けた上田がチャンスを決め切れなかった。GKをかわしてシュートをするイメージだったと思うけど、身体を寄せられて、コースを消されていた。普段なら引っ掛かってくれるフェイントが通じなかった。

 上田は54分に2点目を決められた直後にも、柴崎のパスをフリーで受け、枠に飛ばすことすらできなかった。この決定力の差は歴然だった。どちらかを決めていれば、まったく違うゲームになっていたと思う。

 ただ、途中出場の安部のクロスが合わなかった場面も含めて、上田はいいポジションを取っていたということ。次のウルグアイ戦で、この失敗を活かしてくれればね。この大会で1点を取れれば、オリンピックに向けて大きな自信になる。

 一方のチリは、決定機の数はそれほど日本と変わらなかったけど、確実にゴールを決めてきた。とくに2点目は真骨頂だった。全て足下でボールを繋ぎ、最後はイスラの折り返しをダイレクトでバルガスが決めた。過去2大会を見ても、チリはスペースにアバウトなボールを出すケースは少なく、足下で繋いで崩していく形を得意としている。

 イスラに渡った時点で、バルガスがスペースに走り込むのではなく、もう一度足下でリターンをもらうという共通理解が日本にあればね。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ