【チリ戦の予想スタメン】前線のトライアングルは前田、中島、久保の組み合わせと予想。GKは19歳・大迫の抜擢に期待【コパ・アメリカ】

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年06月17日

3バックは板倉、冨安、植田で組むはずだが…

チリ戦の予想布陣。3-4-2-1を採用か。

画像を見る

 1999年以来、2度目となるコパ・アメリカ(ブラジルで開催)に挑む日本代表が、現地時間6月17日(日本時間18日の8時)にチリとの初戦を迎える。
  
 森保一監督は前日会見で「チャレンジ精神を持って勇敢に戦い抜きたい。最低でも勝点1を拾っていけるように粘り強く戦いたい」と意気込んだが、気になるシステムに関しては「今日、また考えさせてください」と明言を避けた。
 
 もっとも今大会にはA代表として臨んでいるが、メンバーの大半は東京五輪世代であり、現時点では若き代表チームのメインシステムである3-4-2-1を採用すると見られる。
 
 まずGKは19歳ながら広島でレギュラーを掴んだ“大器”大迫敬介を推したい。東京五輪世代の正守護神・小島亨介や、3度のワールドカップを経験した36歳の川島永嗣も控えるが、俊英の抜擢に期待だ。
 
 最終ラインは左から板倉滉、冨安健洋、植田直通か。軸になるのは森保体制下のA代表で初めて3バックを導入した先日のトリニダード・トバゴ戦とエルサルバドル戦でもプレーした冨安だ。もっともその2試合で冨安は、右ストッパーを務めており、中央に植田、右に冨安という形もあるだろう。
 
 ボランチは前日会見に森保監督と出席し、キャプテンを務めることが濃厚な柴崎岳が欠かせない。その相棒は、柴崎から多くのことを吸収していると話すレフティの中山だろう。中山は「誰と組んでもイメージは持っていますが、岳くんと組むのであればA代表で経験が豊富な選手ですし、しっかり意見を伝えてプレーしていきたいです」と力強く語る。
 
 左ウイングバックは東京五輪代表で評価を高める杉岡大暉が固いはず。一方、右ウイングバックは原輝綺、岩田智輝、どちらの可能性も考えられるが、チリは左SBに攻撃的なジャン・ボーセジュールを起用すると想定すると、より守備に特長のある原のほうがベターに映る。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ